【仙台】沈着冷静な18歳が見せた喉元に食らいつくような鋭さ

カテゴリ:Jリーグ

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2015年04月05日

ミックスゾーンで溢れ出てくる反省の弁に、ある変化が――。

FKキッカーを務めただけでなく、その1分後にはウイルソンの足もとにピタリと収まるパスでチャンスを演出。今は苦しんでいるが、仙台の星となるにふさわしいプレーが随所に光る。写真:徳原隆元

画像を見る

 ミックスゾーンでの茂木は決して饒舌ではない。ルーキーとは思えない落ち着きで記者の質問を咀嚼し、発する言葉を慎重に選択しつつ、自らに言い聞かせるように回答を紡いでいく。その日のパフォーマンスによって見せる表情に多少の浮き沈みはあるが、それも些細なものだ。

【J1採点&寸評】全9カードの評価をチェック!

【J1 PHOTOハイライト】1stステージ・4節

 
 3年ぶりに下部組織から昇格を果たし、2005年の富田晋伍以来の高卒新人でのリーグ開幕戦スタメン出場を果たしたひとつの要因が、この沈着さにあると考えていた。同時に、激しさを表出させないことに対して、物足りなさを感じていたのも事実だ。
 
 だが、第1ステージ4節を終えた時点で、自己最短の出場時間となった清水戦(61分間/これまで全試合スタメン出場)の後は様子が違った。押し込まれる時間が長く、守備に追われた前節・湘南戦と同様に「全然ダメ」と話し始め、記者の質問を遮るようにさらに言葉を続ける。
 
「いつもはトラップがどうだったとか、課題を見つけて収穫にすることができていたけど、今日はそれ以前の問題」
 
「試合に対する気持ちの入れ方がどうだったのかを改めて確認したい」
 
 溢れ出てくるのは反省の弁ばかり。しかも、今にもこちらに飛びかかってくるような、喉元に食らいついてくるような鋭さを秘めている。「得点を意識していたが、それは個人のこと。それ以前にチームでやることがある」と話す茂木はどうやら、自身とチームの間に生まれた誤差に悩みながらプレーをしてしまったようだ。
 
「チームのなかで自分の長所をどうやって出すのか、なにを求められているのかを考え直す必要がある」
 
 茂木の長所とは、キックの精度を含めた攻撃面での貢献のはず。だが実際に試合を眺め、渡邉監督の発言を紐解けば、まず求められているのは守備のために身体を張ること、そして走ることだと分かる。
 
 徐々に「J1の水に慣れてきた」が、「良いパフォーマンスを発揮できていない」のは、葛藤が繊細なタッチを狂わせているからだろうか。それでもチームは、渡邉監督は、仙台の希望の星を信じてやまない。
 
 56分に梁や野沢を差し置いて、FKのキッカーを任されたのがなによりの証拠。その1分後にカウンターの起点となった右足のパスは美しく、効果的で、今後を期待するのに十分すぎるものだった。
 
 この日、試合後に見せてくれた”抑えようとしたが外に溢れ出た感情”は、粗削りな18歳のルーキーだからこそ大切にすべきものだろう。悩みと真摯に向き合えば、成長度合いは加速する。信頼を受け止め、責任を負い、悔しさと喜びを繰り返して糧にすることが重要だ。冷静と情熱の間に、チームの勝利を決定づけるプレーは生まれるのだから。
 
取材・文:古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
【J1採点&寸評】仙台×清水|仙台がロスタイムに逆転弾! ふたりの退場者を出した清水を最後の最後で押し切る
【J1採点&寸評】1stステージ・4節|全9カードの出場選手&監督を現地取材記者が評価
2015 J1 1stステージ日程【1節~6節】
【仙台】昨季の上位チームを相手に「イメージどおり」に戦えた仙台の充実
【浦和】決して“事故”ではない森脇良太の「奇跡の一撃」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ