「もうカードを貰っちゃいけないな」佐藤寿人氏が明かすフェアプレー徹底の理由。内田篤人氏も思わず…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月16日

193試合連続無警告が止まった際には…

昨季限りで21年間のプロ生活に終止符を打った佐藤寿人氏。写真:滝川敏之

画像を見る

 内田篤人氏がMCを務めるDAZNの『Atsuto Uchida's FOOTBALL TIME』に、佐藤寿人氏が登場。自身の代名詞のひとつでもあった「フェアプレー」について、独自の見解を語った。

 佐藤氏は2000年にジェフユナイテッド千葉の下部組織からトップチームに昇格し、プロキャリアをスタート。2005年にサンフレッチェ広島に加わり、J1制覇を果たした12年には、22ゴールを挙げて得点王とMVPの個人タイトル2冠に輝いた。その後、2019年から古巣千葉で2シーズン戦ったのち、昨季限りで21年間のプロ生活に終止符を打っていた。

【動画】プスカシュ賞にもノミネート!寿人氏が14年に決めた芸術弾はこちら

 キャリア通算でJ1歴代2位の161ゴールを奪った稀代の点取り屋は、クリーンなプレーでも知られ、Jリーグフェアプレー個人賞を3度受賞(2007、2012、2013)しているほか、193試合連続無警告も記録している。

 番組ではその記録がガンバ大阪戦で止まった際の話題になり、佐藤氏は「行かなくてもいいルーズボールを井手口(陽介)選手と競り合って、ちょっと厳しいなと思ったけどイエローが出ちゃって。そんときイエローが出ただけでスタジアムが『わぁ』っとなった」と懐かしそうに当時を振り返った。

 また、フェアプレーを意識するようになったきっかけにも言及。明確なターニングポイントを次のように明かしている。
 
「唯一プロのキャリアで出場停止を受けたのが、2006年のちょうど広島が残留争いしていたとき。そういうさなかで出場停止を受けて、その試合をテレビで見なきゃいけなくなり、自分は何をやってるのなかというのは正直あって。イエローカードを受けたのも、全然チームのためのプレーでなくて、レフェリーに必要ない文句言ったり抗議したりってのがあったので。そのときに『もうカードを貰っちゃいけないな』というのと、やっぱりリスペクトしなきゃいけないなって思った」

 これには内田氏も感心しきりで、「聞いてほしいな、感情を抑えきれないわがままなFWの諸君」と“寿人イズム”の浸透を訴えた。

「若い時はすごい(文句を)言っていて、多分レフェリーもうるさい奴という認識はあったと思う」と、今となっては意外にも思える過去も明かした佐藤氏。ゴール量産の裏には、リスペクトを忘れない紳士の心があったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ