「すでに日本からオファー」“韓国のメッシ”がJリーグ電撃参戦!? 母国紙が動向をリポート「本人の希望は…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月15日

代理人事務所を変えて移籍を模索

ヨーロッパで燻っているイ・スンウには、アジア移籍の誘いが来ているようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 韓国サッカー界の逸材FWの去就が忙しなくなっている。ベルギー1部のシント=トロイデンに所属するイ・スンウだ。

 現在23歳の韓国代表FWは、2011年に仁川ユナイテッドの下部組織からバルセロナのカンテラに入団。5年後にバルセロナBでプロキャリアをスタートさせると、17年の夏にはセリエBの古豪ヴェローナに移籍し、レギュラーとしてA昇格に貢献した。

 しかし、入団2年目にイバン・ユリッチ政権下で構想外となるとキャリアは暗転。2019年の夏にシント=トロイデンに電撃加入したが、そこでも満足に出場機会を得られずに苦戦。今シーズンもベルギー・リーグでは13試合で2得点しか決められずに、直近では4試合連続でベンチ外となっていた。

 そんなイ・スンウの去就について興味深い一報を報じたのは、韓国紙『朝鮮日報』だ。同紙は、「トルコ・リーグへの参戦も囁かれたが、まだ決定したことは何もない」としながらも、「移籍を模索していることは間違いない」と報道。その中で、「すでに中東と日本からオファーを受けている」と綴ったのだ。

 記事によれば、イ・スンウは昨年末にインテルのロメル・ルカクらを顧客に持ち、ヨーロッパでの確かなコネクションを有している代理人事務所『P&P SPORT MANAGEMENT』と契約。海外でのキャリア続行を最優先に考えているようだが、アジア方面からの誘いも根強く舞い込んでいるという。

「イ・スンウのもとには、スペイン、ドイツ、ポルトガルの複数チームが興味を示している。その一方で中東、日本、そしてKリーグクラブから移籍のオファーを受けている。その中には意思確認だけでなく、具体的な条件を提示したチームもあるようだ」
 
 さらに同紙は関係者の情報として、「あくまでイ・スンウ本人の希望はヨーロッパでのプレーだ」とも強調しつつ、アジア移籍の可能性を追求した。

「イ・スンウはいまでもヨーロッパを拠点に活動することにこだわっている。最優先事項はシント=トロイデンを離れて、ヨーロッパのチームでプレーすることにある。ただし、それは移籍市場の今後の情勢によって変わる可能性もある」

 仮にJリーグ電撃参戦が実現すれば、小さくない話題となることは必至だが、果たして、どうなるだろうか。その動静に注目したい。

【動画】「韓国のメッシ」イ・スンウのSTVVでのゴラッソシーンはこちら

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ