復帰したネイマールが決勝弾! パリSGが酒井&長友先発のマルセイユを下し、仏スーパーカップを制覇!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月14日

ポチェティーノ監督就任後初タイトルを獲得

得意のPKでチームの2点目を決めたネイマール。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間1月13日、フランス版スーパーカップ「トロフェ・デ・シャンピオン」が行なわれ、リーグ・アンのパリ・サンジェルマンとマルセイユが対峙した。

 同カップはリーグ・アンの王者とクープ・ドゥ・フランスの王者が激突するが、今年はパリSGが両大会とも制覇しているため、リーグ・アン2位となったマルセイユが対戦相手となった。

 マルセイユは長友佑都、酒井宏樹が4バックの両翼で先発。マウリシオ・ポチェティーノ監督が率いるパリSGは、キリアン・エムバペらが先発し、負傷離脱していたネイマールがベンチ入りを果たした。

 試合開始直後から両チームともに激しい攻防を繰り返すが、39分にはマウロ・イカルディが酒井らのマークを振り切って味方のクロスに合わせてゴール前に飛び込む。頭で反らしたシュートはポストに弾かれるが、すかさず跳ね返ったボールを、今度は足で流し込んでゴール。前半はパリSGのリードで折り返す。

 マルセイユは後半開始から3枚を入れ替え、66分には長友もライオラと交代。攻勢をかける。一方のパリSGは、65分にクルザワ、ディ・マリアに代えてスカッドに復帰したばかりのキンペンベ、ネイマールを投入した。

 そして82分、味方のボールに合わせて抜け出したイカルディが、エリア内でGKと交錯。ボールに触れずに足元に飛び込んだGKのプレーがVARで確認され、パリSGにPKが与えられた。

 これをネイマールが冷静に蹴り込んでパリSGに2点目を加えるが、その4分後にマルセイユは右サイドから攻め込み、フロリアン・トバンのクロスに合わせたディミトリ・パイエのゴールで1点を返す。

 しかし、追撃もそれまで。試合は2-1で終了し、パリSGが同カップを制覇した。1月から指揮を執るポチェティーノ監督は、就任後初のタイトルを手にしている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
<2020ベストヒット!>「あきれた度胸だ」ネイマールの大胆PKを、海外メディアが称賛!「人間離れした鋼の神経」
フランス・メディアにスケープゴートされた酒井と長友。評価を上げるために必要なのは…【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ