長谷部誠が3試合連続で先発のフランクフルト、敵地でマインツに勝利! 今季初のリーグ3連勝

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月10日

長谷部、鎌田ともに先発

3試合連続で先発した36歳の長谷部。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間1月9日、ブンデスリーガ第15節が行なわれ、フランクフルトはマインツとのアウェー戦に臨んだ。

 前2節で先発出場した長谷部誠が継続してボランチで、鎌田大地は2シャドーの右で先発した。

 試合の序盤はアウェーのフランクフルトがペースを握る。23分、鎌田ともうひとりのシャドーであるユネスが左右から揺さぶりをかけ、前線のアンドレ・シウバにパス。飛び込んだ背番号33はマインツDFに引き倒され、PKが与えられる。

 これをA・シウバがきっちり決めて1点を先制すると、前半はアウェーチームがリードして折り返すことに成功する。

 しかし、マインツは後半に猛攻撃を仕掛ける。ワントップのロビン・クアイソンを中心にカウンターからゴールに迫る。長谷部やジブリル・ソウ、マルティン・ヒンターエッガーらが守備に追われる時間帯が続く。

 フランクフルトはショートパスを繋いで流れを変えようとするが、なかなかうまく前に運ぶことができない。

 しかし、70分、左サイドから仕掛けたコスティッチのプレーからCKを獲得。この際にヒンターエッガーがエリア内で倒され、今日2つめのPKを獲得。72分、A・シウバが豪快に決めて、2-0で突き放した。

 長谷部はその後、77分にセバスティアン・ロデと交代でピッチを去る。鎌田も80分にアイメン・バルコクと交代。その後はマインツが勢いを盛り返して食らいつくなか、2点差を守り切ったフランクフルトが勝利。さらに、今シーズン初のリーグ戦3連勝を手にしている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ