「クラブにとって天の恵みなんだ」36歳・長谷部誠との契約を延長か? フランクフルト監督が記者会見で明かす

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月09日

ヒュッター監督は最近のパフォーマンスを絶賛

長谷部が先発復帰した2試合で、チームは2連勝を飾った。 (C)Getty Images

画像を見る

 フランクフルトに所属する36歳の長谷部誠は、ブンデスリーガの最年長プレーヤーとして最前線で戦い続けている。

 フランクフルトを率いるアディ・ヒュッター監督は、ウインターブレイク前の記者会見で「マコトに頼り過ぎないチーム作りをしなければならない。彼は今シーズン限りで現役をやめるかもしれないからだ」とコメント。ただ、長谷部自身は現役引退を明言せず、「サッカーでは何が起こるかわからない」とだけ語るにとどめていた。

 迎えた、年末のアウクスブルク戦で先発した長谷部は3バックの中央を務め、リーグ戦12試合ぶりの勝利に貢献。さらに、年明け1試合目のレバークーゼン戦ではボランチで先発し、ゴールの起点になるなどハイパフォーマンスを披露し、2連勝の原動力となった。

 この活躍ぶりをヒュッター監督やフロントも高く評価し、今年6月末までの契約を、1年延長する動きがあるようだ。『BILD』紙や『kicker』誌などの現地メディアが伝えている。
 
 マインツ戦を控えた記者会見に登場したヒュッター監督は、長谷部のパフォーマンスについて、「フランクフルトにあらゆる面で幸運をもたらしてくれた」と称えている。

「あなた方の目から見ても、彼のパフォーマンスはスポーツ面でも優れていることが分かるだろう。おそらく、3月には(契約延長について)考えをまとめないといけなくなると思う」

 そして、「彼を見ていると、成熟した選手が若返ったように思えるんだ。今でも非常に優れた走力を持っているし、サッカーの面では最高クラスの選手だ。人間的にも信じられない。彼はアイントラハトにとって、まさに天の恵みなんだ」と絶賛している。

 1月18日には37歳を迎える長谷部。その衰えぬプレーぶりに指揮官も脱帽のようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「最高のパフォーマンス」“6番”長谷部誠を現地メディアが高評価!同僚も絶賛「彼とプレーするのは簡単」
【主な日本人欧州組の前半戦通信簿|DF&GK編】最高点は“冨安超え”の23歳DFに! 吉田、長谷部、長友、川島らベテラン勢で評価を上げたのは?
長谷部誠の居場所は、本当にもうないのか?“引退報道”の舞台裏を読み解く――【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ