「想定外の事態が起きた」なぜ久保建英はビジャレアル退団へ急速に傾いたのか?番記者が明かす舞台裏【現地発】

カテゴリ:海外日本人

ハビエル・マタ

2021年01月08日

ビジャレアルはタケが着実に成長していると考えていた

ヘタフェ移籍が目前に迫っている久保。なぜビジャレアルを離れる決断をしたのか? (C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 タケ・クボ(久保建英)はすでに今シーズンの後半戦、ヘタフェでプレーする決意を固めている。現時点で最大の障壁となっているのが補償額の扱いだ。ビジャレアルはこの冬にワトフォードからエティエンヌ・キャプーを獲得しており、その資金源としてタケを再レンタルする見返りにヘタフェに150万ユーロ(約1億8750万円)の支払いを要求している。

 ビジャレアルがここまで強く主張するのはワケがある。今回のオペレーションを主導したのがレアル・マドリーとヘタフェの両クラブ、そしてタケの周囲の人間であるという考えがクラブ内にあるからだ。

 一方、保有元のマドリーが望んでいるのは、タケの満足感であり、出場機会を得ること。したがって転機になりうるヘタフェへの移籍を歓迎している。その意味では周囲の人間のスタンスは、タケはチームの主力を担うべきという点でより一貫している。

 開幕以来、起用論争を巻き起こし、レギュラーに定着できなければ冬の退団も辞さないという移籍の機運を中心になって作った動きを見てもそれは明らだろう。しかしウナイ・エメリ監督はそうした周りの声に惑わされず、あくまで自らの考えに基づいて選手起用を続けてきた。ビジャレアルでタケが希望するプレータイムを得るのは、現状では不可能なのは間違いない。

 ここ数試合は別として、タケは常にチャンスは与えられてきた。しかし決定的な仕事をすることができず、とりわけラ・リーガではスタメン出場の機会は限られた。ビジャレアルはそんな中でも、タケは着実に成長していると考えていた。

【動画】圧巻のプレーを連発!久保建英がELデビュー戦でマークした1ゴール・2アシストをチェック

 タケサイドと意見の食い違いがあるとすれば、まだチームの主力を担うだけの実力には達していないという現時点での評価だ。しかもその最中にカンテラ出身のジェレミ・ピノがブレイクを遂げた。局面を打開するプレーはエメリがサイドの選手に求めていたものだ。

 ジェレミ・ピノは指揮官の信頼を得て、瞬く間に左右両ウイングのそれぞれのレギュラーであるモイ・ゴメスとジェラール・モレーノの2番手格としての地位をサムエル・チュクウェゼと争う存在までになった。

 相対的にタケの序列は下がったが、ビジャレアルにはレベルの高い選手が揃い、その環境の中で切磋琢磨を続けていけば、成長することは十分に可能だ。タケ自身もエメリをはじめとする首脳陣との関係性そのものについては満足していた。

 しかし、さらに追い打ちをかけるように想定外の事態が起こった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月3日発売
    EURO2020
    出場24か国
    コンプリートガイド
    選手名鑑&徹底チーム解説
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ