【柏】江坂任が語るルヴァンカップ決勝の勝負のポイント。「お互いにカウンターが武器なので…」

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2021年01月03日

「先制点はかなり大事かなと思います」

ルヴァンカップ決勝のFC東京戦に向けて、柏の江坂任が意気込みを語った。写真:田中研治

画像を見る

 1月4日、国立競技場でルヴァンカップ決勝の柏レイソル対FC東京が行なわれる。決戦に向けて、柏の江坂任が前日会見で意気込みを語った。

「気持ちは高ぶっていますけど、意外とリラックスできています。(国立競技場は)聖地だと思うので、タイトルがかかった試合でしかプレーできない。リーグでは個人としてまずまずの数字を残せたので、今回はタイトル獲得につながるようなプレーを、明日できるように、良い準備をしたい」

 FC東京とのリーグ対戦成績は1勝1敗。一発勝負となるルヴァンカップ決勝では、江坂は勝負のポイントを次のように捉えていると言う。

「先制点はかなり大事かなと思います。お互いにカウンターが武器でもあるので、先制できればアドバンテージになるかと思います」

 柏と同じく、確かにFC東京も「カウンターが早い」。江坂は「クオリティも高いので、ボールの取られ方だったりは注意しないといけないと思います」と警戒する。“カウンター合戦”になる可能性もあるなかで、柏の司令塔はどんなプレーイメージを描いているのだろうか。

「まずは攻撃の起点になっていかないといけない。守備の部分では、前で良いスイッチをかけられればいいかなと思います」

 FC東京の本拠地に乗り込んだ直近のリーグ戦では、先制点をマークして3-1の勝利に貢献。果たして、ルヴァンカップ決勝でも柏の10番が猛威を振るうか――。聖地・国立競技場でも、江坂のパフォーマンスに注目したい。

取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ