元日本代表MF長澤和輝が名古屋へ完全移籍!「次会うときは浦和レッズを倒すために闘う」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月28日

「サポーターとの日々を振り返ると二つの言葉が…」

名古屋への移籍を発表した長澤。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 浦和レッズは12月28日、MF長澤和輝の名古屋グランパスへの完全移籍を発表した。

 29歳の長澤はドイツ2部・ケルンでプロデビュー。浦和へは16年に加入(1年目はジェフユナイテッド千葉へ期限付き移籍)すると、年々出場数を増やし、昨季は最多の30試合に出場。副キャプテンを務めた今季も、27試合に出場していた。また、日本代表としても2017年の欧州遠征の際に1試合出場している。

 長澤はクラブを通じて以下のようにコメントしている。
 
「なかなか試合に絡めなくてもアピールし続けた練習、ACLで優勝して浦和の街でサポーターのみなさんと喜びを分かち合った夜、苦楽を共に過ごしたチームメート、個性たっぷりの監督たち、裏方でレッズを支えるクラブスタッフとの円陣。このクラブの価値である熱いサポーターとの日々を振り返ると感謝と感動の二つの言葉が浮かびます。浦和レッズのため闘ってきました。次会うときは浦和レッズを倒すために闘うことになります。再会を楽しみにしています。ありがとうございました」

 一方新天地のサポーターに向けても、名古屋を通じて「この歴史あるクラブに加入出来ることを嬉しく思います。精一杯グランパスのために戦います。 よろしくお願いします!」と意気込みを語っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
【2020ー21移籍動向一覧】J1・J2・J3 新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ(2/15時点)
浦和の元日本代表DF鈴木大輔が千葉へ完全移籍!今季は公式戦わずか6試合の出場に留まる
【京都】浦和勢一挙3人を獲得!武富孝介が完全移籍、荻原拓也&福島春樹も期限付きで加入!
本田圭佑のポルトガル移籍にメリットはあるのか――。ブラジル人記者の見解は?「最悪のボタフォゴより環境は…」【現地発】
「彼らはクオリティーにあふれるが…」ザッケローニ、“日本人の弱点”を伊メディアで語る「水を飲むために失点した」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月5日発売
    2021-2022シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    ビッグクラブ選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ