シュツットガルト遠藤航を敵将が称賛!「非常に大きなクラブが興味を持っている」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月23日

「注目すべき選手」として名指しで言及

遠藤は年内のリーグ戦を終えた時点で、デュエル勝利数でトップに立っている。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間12月23日に行なわれるDFBポカール3回戦で、遠藤航が所属するシュツットガルトはフライブルクと対戦する。

 試合前日に行なわれた記者会見で、フライブルクのクリスティアン・シュトライヒ監督は自チームの状態を「我々は十分な準備をしている」としながらも、対戦相手を「遊び心があって、層も厚い。リーグでの好調ぶりはこれからも続くだろう。さらに上にいくことも難しくない」と称賛した。

 さらに、2選手の名前を挙げ、警戒心を強めていることを明らかにした。そのうち、最初に名前が出たのが遠藤だ。現地誌『kicker』が報じている。

 警戒する選手を記者に質問されたシュトライヒ監督は、「エンドウというだけで十分だろう」と前置きしたうえで、このように語ったという。

 
「ワタル・エンドウは非常に大きなクラブが興味を持ち、調査を進めているプレーヤーであるとを確信している。個の能力が高い」

 また、もうひとりのサーシャ・カライジッチについては、「ウニオン・ベルリン戦で途中出場して2ゴールを決めた。どちらも美しいゴールで、ほぼワールドクラスだ」と称えている。

 ブンデスリーガ13試合を消化した現時点で、遠藤のデュエル勝利数は「211」。2位のイタリア人MFダニエル・カリジューリの「179」に大差をつけてトップに立っている。

 “昇格組”のシュツットガルトで存在感を示し続けているサムライ戦士は、現地でも注目を浴びる選手になっているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
鎌田大地と遠藤航の推定市場価格が急騰! 久保、南野、中島、冨安らが上位の「全日本人選手ランキング」を集計!
「覚えておくべき名前だ」シュツットガルト遠藤航を独メディアが絶賛!「フィールドを支配している」
【2020年の日本人選手ベスト11 vol.2】今後代表は遠藤に任せたい。MVPはドリブルが海外の選手を彷彿とさせる…
遠藤航を発掘し、レバンドフスキらを見出した敏腕スカウトが「キャリア最大の発見」と語った日本人選手は?
「獲得して大正解」ブンデス公式が遠藤航の守備面での貢献を称賛!「本当に良い選択だった」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ