「感謝の気持ちでいっぱい」長崎の元日本代表DF徳永悠平が37歳で現役引退を発表。2度の五輪出場も経験

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月18日

国見高では選手権2連覇&高校3冠も達成

故郷のクラブで引退を決めた徳永。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 V・ファーレン長崎は12月18日、所属するDF徳永悠平のシーズン終了後の引退を発表した。

 長崎県出身の徳永は、地元の名門・国見高へ進学し、2年生時にインターハイ・国体・全国高校選手権の三冠を達成。3年生時には選手権の連覇も成し遂げた。その後、早稲田大に進むと在学時から特別指定を受けてFC東京でプレーし、2006年に正式にプロ契約し、17年に長崎へ移籍するまで15年に渡って活躍した。3年目となった長崎では今季ここまで10試合に出場し1得点。キャリア通算では公式戦568試合で・10ゴールを記録している。

 また、各年代の日本代表にも選出され、2004年のアテネオリンピック、オーバーエイジで参加した2012年のロンドンオリンピックにも出場。A代表では2009年から2013年まで、国際Aマッチ9試合に出場していた。
 
 現在37歳の徳永は、クラブを通して以下のようにコメントを発表した。

「今シーズンをもって現役を引退することとなりました。まずは、私が長崎に在籍した3シーズン、良い結果が残せなかったことを申し訳なく思っています。しかし、キャリアの最後に地元長崎でプレーできたこと、最後まで昇格争いができたこと、長崎で引退できることをすごく幸せに感じています。V・ファーレン長崎が、来シーズンこそJ1に昇格することを祈っています。さらに、今後アジア・世界の舞台でV・ファーレン長崎が活躍することを、一人のサポーターとして楽しみにしています。

 そして、FC東京でプレーさせてもらった15年間も、私の中では、貴重な経験です。FC東京でキャリアをスタートでき、タイトルを獲得できたことは、今でも心に残っています。今後、悲願のJリーグ制覇を願っています。最後に、これまでお世話になった監督・コーチングスタッフ・チームメイト・スポンサー様・サポーターの皆さんをはじめとする皆さんへ感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!」

 今季最終節のJ2リーグ第42節・ツエーゲン金沢戦終了後のファン感謝デーで、引退の挨拶を行なう予定だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「普通じゃなかった」名手デ・ロッシがキャリアベストゴールをアテネ五輪の日本戦での「左足のバイシクル」と回想!
ロンドン五輪世代3人が“夢”の鼎談。進行役の東に清武と水沼が「MC失格」と突っ込む場面も
「みんな若くてかわいー!」「マヤ君だけ何も…」吉田麻也が投稿したロンドン五輪メンバー18人集合ショットにファン感激!
大好きな長崎を盛り上げたい──。徳永悠平が語った『地元愛』
<2020ベストヒット!>セルジオ越後が選ぶJ歴代ベスト11「他の10人も”別格”と認めるだろうベストプレーヤーは…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ