【仙台】「ふがいない気持ちでいっぱい」J1初挑戦の木山隆之監督、在籍1年での退任を発表。一時は最下位に低迷…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月18日

「なかなか思ったような成績を残せず…」

仙台が木山監督の今シーズン限りでの退任を発表した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 ベガルタ仙台は12月18日、木山隆之監督が今シーズン限りで退任することを発表した。本人とクラブで協議し、双方合意の上で決定したという。

 木山監督はこれまで、水戸ホーリーホックを皮切りにJ2クラブの監督を歴任。ジェフユナイテッド千葉、愛媛FC、モンテディオ山形をJ1昇格プレーオフまで導いた実績を持ち、今季から自身初となるJ1クラブ、仙台の監督に就任した。

 堅固な守備組織と、昨年よりもボール保持率を高めることを目標に臨んだ今季だったが、なかなか勝ち星を挙げられず、最終節を残して6勝9分け18敗の16位と低迷。今シーズンは降格の心配はないものの、一時は最下位となるなど苦しい状況が続いていた。
 
 在籍1年での退任となった木山監督は、クラブ公式サイトでコメントを発表。サポーターへの感謝など、現在の心境を以下のように綴っている。

「1年間どんな時もチームへの熱いご声援をありがとうございます。今シーズン限りで退任することとなりました。なかなか思ったような成績を残せず、ふがいない気持ちでいっぱいですが、まだ我々には試合が残っています。ホームでの勝利を目指し、全力で戦い抜きますので明日もチームへの熱い後押しをよろしくお願いいたします」

 来季から指揮を執る後任の監督に関して、クラブは決定次第報告するとしている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ