「タキは強調したい選手だ」クロップが首位攻防戦のMDPで南野拓実に言及!「先発の機会を得られないのは…」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月18日

首位攻防戦は出番なしに終わるも…

今シーズンはリーグ戦7試合に出場も、先発はわずか1試合に留まっている南野。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間12月16日、プレミアリーグ第13節でリバプールはホームでトッテナムとの首位攻防戦に臨み、2-1で勝利。本拠地での無敗記録を「66」に伸ばすとともに、単独トップに浮上した。

 1-1で迎えた88分に、アンドリュー・ロバートソンの蹴った右CKをロベルト・フィルミーノがドンピシャのヘッドで合わせて劇的勝利を収めたこの試合で、南野拓実は公式戦3試合ぶりに出場なしで終わった。ファンの前に姿を見せることはなかったが、英紙『Daily Mail』によると、当日ファンに配られたマッチデープログラムで、ユルゲン・クロップ監督が日本代表FWについて言及していたようだ。
 
「私は通常、特定の人物について話すのは好きではない。けれどもタキ(南野の愛称)は、強調したい選手だ。ここに来て以来、彼は我々にとってセンセーショナルな存在で、彼の姿勢は最高レベルだ。先発の機会を得られないのは、上手くいっていないからではない。彼のポジションにいる選手たちのハイパフォーマンスが続いているからだ」

 今シーズンのプレミアでの先発はわずか1試合に留まっている南野。それでもクロップ監督は一定の評価をしているようだ。また、同紙は「リバプールのボスは、5人の変更を許されるようにキャンペーンを展開しているにも関わらず、トッテナム戦ではバックアッパーを1人も使わなかった」と、指揮官の選手起用にも疑問を投げかけている。

 年内は残り3試合。南野にチャンスは訪れるのか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ