「蔚山のほうが強かった」先制弾の山口蛍、ACL準決勝敗退も…不可解なVAR判定に触れず「胸を張って帰りたい」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月13日

潔く負けを認める

先制点を奪った山口。しかしチームを勝利には導けなかった。(C) Getty Images

画像を見る

[ACL準決勝]神戸1-2蔚山現代/12月13日(日)/カタール・アルジャノブスタジアム

 ゲームの均衡を破った攻守の要は、潔く負けを認めた。

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の準決勝が12月13日、カタールで行なわれ、ヴィッセル神戸は蔚山現代に1-2で敗れた。

 試合は神戸が52分、CKから山口蛍の右足ボレーで先制。1点をリードすると、75分にも佐々木大樹が追加点を挙げたかに思われたが、不可解なVAR判定によりノーゴールに。さらに80分にはいったんはオフサイドとされた相手側のゴールがVAR判定により認められ、神戸は同点に追いつかれてしまう。

 延長戦に突入した試合は、119分に神戸の前川黛也がファウルを取られPKを献上。これをネグランに決められ万事休した。神戸は準決勝で敗退した。

 試合後、フラッシュインタビューに応えた山口は、「僕たちより蔚山のほうが強かった。ただ今持っている力を出し切ったので、誇りを持っていいと思う」と、不可解さが残った判定には触れず、潔く負けを認めた。

 さらに山口は、「遠い日本からせっかく応援してくれたのに、結果を出せなくてすごく申し訳ない。帰ってからもリーグ戦が残っているので、しっかり最後はいい形で終われるように、胸を張って帰りたいです」と、ショックの残る敗戦後のインタビューにも気丈に答えた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「胸熱すぎ」「二人ともお疲れ様」神戸・西大伍、ACL敗戦も対戦相手の元同僚DFとの笑顔2ショット投稿に大反響!
イニエスタがアジアサッカーのレベルに言及「ひとつはっきりしていることは…」
神戸、ACL準決勝敗退…120分死闘もVAR判定に二度泣かされ、日本勢4年連続のファイナル進出ならず
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「イニエスタが歴史を作った」神戸のACL快進撃にスペインメディアも注目!「彼の“見習い”の古橋が…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ