【J2】首位徳島は痛恨スコアレスでJ1復帰を決められず!福岡&長崎との昇格三つ巴バトルは継続!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月13日

2位福岡と3位長崎は確実に勝利

長崎に貴重な先制点をもたらした角田。写真:徳原隆元

画像を見る

 J2リーグは12月13日、各地で40節の11試合を実施。首位の徳島ヴォルティスは引き分け、今節でのJ1昇格とはならなかった。今節終了時点(残り2節)で徳島は勝点「81」、2位のアビスパ福岡は「78」、3位のV・ファーレン長崎は「76」となっている。

 勝利すれば無条件で昇格が決まる徳島はホームで、13位のジェフユナイテッド千葉と対戦。20分前後から次第にパスワークにリズムが生まれ、ボール支配率で上回るが、千葉の全選手が自陣に戻る割り切った守備ブロックにてこずり、なかなか決定機を作れない。

 そのなかでも西谷和希や鈴木徳真が懸命にチャンスを作るが、結局最後までGK新井章太の牙城を崩せず。徳島は今季3度目のスコアレスドローに終わり、他会場の結果、昇格は持ち越しとなった。

 2位の福岡は本拠地に6位の京都サンガFCを迎えての一戦。スコアレスで推移し、均衡をようやく崩したのは63分。左サイド敵陣深くから湯澤聖人が上げた弾道の低いクロスがファーサイドに流れると、エミル・サロモンソンが反応し、右足で強烈なシュートを突き刺す。

 さらにこれでリズムに乗ったホームチームは直後の65分にも田邉草民からペナルティエリア右でパスを受けた遠野大弥がワントラップから左足を一閃。強烈なシュートはクロスバーを叩きゴールに吸い込まれた。福岡は2-0で快勝。長崎との勝点差2をキープした。

 3位の長崎はアウェーで12位の東京ヴェルディと対戦。長崎は28分、CKからキッカー秋野央樹のクロスに、角田誠が頭で合わせ幸先よく先制に成功する。勢いに乗る長崎はさらに32分にも追加点。ペナルティエリア中央でボールを拾った大竹洋平が、自ら浮かせたボールを左足で一閃。鮮やかなシュートがネットを揺らす。

 その後追加点は生まれないが、リードをがっちり守り切った長崎が2-0で勝利。残り試合数が限られるなかで、確実に勝点3を積み上げた。
 
 J2リーグ40節の結果は以下の通り(左側がホームチーム)。

山形2-0岡山
大宮3-1山口
東京V0-2長崎
町田1-0水戸
甲府0-1松本
金沢1-1栃木
徳島0-0千葉
福岡2-0京都
北九州2-0磐田
新潟1-2群馬
琉球6-0愛媛

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
J2首位徳島はまたもや昇格が先送りに…千葉の堅守を崩せず今季3度目のスコアレスドロー
「今日勝って決勝に!」神戸のド迫力な“決戦直前”投稿に激励続々!元ドイツ代表も親友へお茶目なエール
「その光景は忘れません」川崎・中村憲剛が鳥栖サポーターの振る舞いに感激! 感謝を綴る
「攻撃を牽引している」先発復帰のウエスカ岡崎慎司をスペイン紙が高評価! 2度のゴール取り消しも「目立っていた」
「異次元のレベルなんですよ」ぺこぱ・シュウペイが高校サッカーの“スター&マイベストゴール”を紹介! 選ばれたのは…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ