「日本のクラブとは契約寸前に…」J参戦が囁かれたアギーレがメキシコ復帰の背景を語る!「旅を続けたかった」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月13日

なぜ母国復帰を決めたのか?

いまだ「熱意に満ちている」というアギーレは新しい契約への想いを明かした。 (C) Getty Images

画像を見る

 日本行きが囁かれたメキシコの熱血漢は、母国の古豪への就任を決意した。元日本代表監督のハビエル・アギーレだ。

 現地時間12月7日、メキシコの古豪モンテレイは、フリーとなっていたアギーレの招聘を発表した。地元メディア『Mediotiempo』によれば、年俸240万ドル(約2億4960万円)で合意に至ったという。

 現在62歳のアギーレは、2014年の夏から約7か月間に渡って指揮を執った経験を持つ熱血漢だ。今年7月にレガネスを退任してからはフリーの状態が続いていたなかで、去る10月には、日本とアメリカのクラブからのオファーを熟考中であることが報じられていた。

 今年10月に米スポーツチャンネル『ESPN』のインタビューに応じた際には、「今の私に資格があると思わない」と母国復帰の可能性を否定していたアギーレだが、なぜモンテレイ就任を決めたのだろうか。

 スペイン紙『Marca』のメキシコ版の取材に応じたアギーレは、「私自身は旅を続けたかった」と明かしたうえで、モンテレイ就任の真意を話した。
 
「私はいまでも高い意欲を持っている。だが、妻のシルビアが私を止めたんだよ。彼女は旅に飽きてしまったようだった。日本のクラブとは契約寸前のところまで行き、アメリカでは2チームと面接をした。だが、彼女が家にとどまることを望んだんだ」

 愛妻の要望を受け、母国での指揮を決断したメキシコ人指揮官は、「エキサイティングなプロジェクトだと思えたし、オファーを貰ってから2日で決めた」と続けている。

「彼らは数か月前にオファーをしてきたわけではなかった。だが、魅力的なプロジェクトを提案してくれた。まるでアツアツのスープのような、熱い想いで受け入れることにしたよ」

 さらに「この国で契約したことで、あらゆる物事が簡単になる」と語ったアギーレ。Jリーグクラブからのオファーを蹴り、母国復帰を決意した彼は、いかなる手腕を見せるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「日本では選手を怒鳴らないでくれと言われた」アギーレ元代表監督が当時を回顧!「何のために私と契約を…」
「他の監督は経済的な面を重視したが…」ザッケローニが日本代表を指揮した理由を告白!
「主役になりうる最高のタレント」現地紙が17歳・中井卓大をマドリーの逸材5人にピックアップ!「日本のデュオ“ピピ&タケ”が見られるかも…」
「想像した文化とは違った」元コロンビア代表FWが短命だった中国時代を回想!「お金稼ぐために行ったけど…」
イニエスタがアジアサッカーのレベルに言及「ひとつはっきりしていることは…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ