「やっとFC東京の一員になれた」うれし涙の決勝弾!広島戦でJ初ゴールの大卒ルーキー中村帆高が見据える先

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月12日

中村帆高は、ACLラウンド16ではベンチスタートの悔しさも

ヒーローインタビューを終え、ファンに挨拶する中村帆高。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ31節]FC東京1-0広島/12月12日(土)/味スタ

 ACL帰国後初のリーグ戦となったFC東京は、平均年齢23.8歳の若手主体の先発メンバーで試合に臨んだ。

 堅く守りカウンターからゴールに迫るという、ハッキリとした狙いを持っていたものの、サンフレッチェ広島の洗練された攻撃に苦しむ時間帯も長くなった。それでもACLでの経験もあってか、逞しさを増した守備でこれを凌ぐと、カウンターから最後はSBの中村帆高がゴールを決めて1-0で勝利を収めた。

 この試合の決勝弾がプロ入り後初ゴールとなった中村帆高は、試合後のフラッシュインタビューで「今年1年、こうやっていろいろとチャンスをもらえているなか、結果が出せなくて、すごく悔しい思いもあってこうやって一年過ごしてきて、自分の点でチームを勝利に導くことができて、やっとFC東京の一員になれたのかなと思います。今は本当にうれしいです」と感極まった。
 
 カタールでのACL初戦・上海申花との対戦では、先発するものの、抜け出した相手を倒してしまいPKを献上。決勝トーナメント1回戦の北京国安戦ではベンチスタートとなるなど、悔しい想いも味わってきた。

「カタールで出場時間が短かった選手などが出て、とにかく今日は出し切ろうという気持ちで挑みました」と中村帆高は気持ちを前面に押し出したプレーで決勝弾を叩き込んだ。

 今季27試合に出場している明治大卒のルーキーは「これが第一歩というか、やっとスタートラインに立てたのかな」と向上心を忘れない。

「これで満足していたらそれだけの選手で終わっちゃう。喜ぶのは一瞬にして、次に向けて頑張っていきたい」

 ACLでの激戦を経て、J初ゴールを記録した若武者のさらなる活躍に注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ