「小林のゴールって忘れてしまう」三笘薫の66.8m独走アシストからの得点が週間No.1ゴールに!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月23日

自陣ペナルティエリア付近からドリブルを開始し…

大分戦では不発に終わった三笘だが、25日のG大阪戦で優勝を決められるか。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 今季大ブレイクを遂げた川崎の大卒ルーキーがスーパープレーで演出した得点が、週間ベストゴールに選出された。

 11月23日、Jリーグ公式YouTubeチャンネルで「週間トップ10ゴール」が公開され、11月18日から22日までに開催された試合の中から珠玉の10発が選出された。

 そのなかで1位に選出されたのが、川崎フロンターレ対横浜F・マリノスの一戦で飛び出した驚愕のゴールだ。川崎が2-1とリードして迎えた95分、自陣ペナルティエリア付近でパスを受けた三笘薫は、相手の渡辺皓太のプレッシャーを受けながらもトラップから反転してドリブルを開始。ここからスピードで渡辺を振り切ると、追ってきたチアゴ・マルチンスを股抜きでかわし、タイミングを見計らってアウトサイドで丁寧なラストパスを供給。これをエースの小林悠が右足で沈めた。

 自陣ペナルティエリア付近からドリブルで66.8mを独走。その間に敵を振り切り、股抜きも決めてみせるという離れ業に、スタジアムはどよめき、SNSでも話題沸騰、さらには海を越えて王国ブラジルのメディアでも紹介されるなど、反響が広がっている。

 ユーザーのコメントでも「三笘のドリブルえぐすぎる」「三笘の印象が強すぎて小林のゴールってのを忘れてしまう」「直接入れてないだけで、三笘の生んだゴールだって、みんな思っている」などと高速ドリブルからのアシストに称賛の声が寄せられていた。

 その他、2位にはマテウス(名古屋)の振り向きざまの強烈な左足ミドル、3位には山中亮輔(浦和)のクロスからマルティノス(浦和)が叩き込んだジャンピングボレーの一撃などが選出されている。
 
 Jリーグは25日に29節の6試合を開催。果たして川崎が3度目の優勝を決めるのか。スーパープレーで魅せた三笘のパフォーマンスにも注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】三笘の67m独走ドリブルは必見!Jリーグ週間トップ10ゴール
【関連記事】
「等々力が魔法に酔いしれた」ブラジル・メディアが“ダービー”で輝いた川崎の三笘薫を絶賛!「偏愛をより強く…」
「1人時間軸が違う」 “ゴラッソ製造機”、名古屋・マテウスの無回転弾にファン驚愕!「意味が分からん笑」
【J1】川崎優勝はお預け…ACL出場権争いが熾烈に!名古屋が暫定2位、鹿島が同4位浮上、柏オルンガは24点目をマーク
【J1採点&寸評】大分1-0川崎|眼前の優勝を阻んだ決勝点の10番がMOM!一方PK献上の谷口の評価は…
【J1採点&寸評】名古屋3-1湘南|流動的なアタッカー陣を高評価!最高殊勲は第一子誕生を自らのゴールで祝ったテクニシャン

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ