【選手権予選】47番目の代表校が決定! ルーテル学院が熊本国府との激闘を制して名乗り!

カテゴリ:高校・ユース・その他

高校サッカーダイジェスト編集部

2020年11月21日

残りはあと1枠。桐光か、あるいは桐蔭か!?

闘争心を前面に押し出してぶつかったルーテル学院(中央)と熊本国府(左)。写真:松尾祐希

画像を見る

スコアレスで突入したPK戦。5人全員が決めたルーテル学院が歓喜の瞬間を迎えた。写真:松尾祐希

画像を見る

 11月21日、全国高校サッカー選手権大会の地区予選決勝が熊本で開催され、47番目の代表校が確定した。

 えがお健康スタジアムでの決勝に駒を進めたのは、ルーテル学院と熊本国府。互いに序盤は慎重な入りをみせる。ルーテル学院はCB坂本光を中心に粘り強く守り、前線のFW島﨑大河らがカウンターを狙う。対する熊本国府は杉本蓮と奥山貴大のCBコンビを軸に守りを固め、相手に付け入る隙を与えない。ともに守備に比重を置き、敵の出方を窺いながらの戦いが続いた。

 0-0で迎えた後半も状況は変わらない。そのなかで熊本国府は後半10分、一気に3人を交代させて攻勢を仕掛ける。これによって熊本国府は前がかりとなり、徐々にチャンスを創出。するとルーテル学院もサイドから好機を掴む場面が増え、にわかにオープンな攻防戦へと変貌を遂げていく。だが、それでもゴールは生まれず、試合は延長戦へ。互いに激しく攻め合い、ラストプレーでルーテル学院はあわやゴールというシーンを伊井舜哉が作ったが、相手GK吉永縁心に阻まれてしまう。

 勝負の行方はPK戦に委ねられ、先攻のルーテル学院が5人全員が決めた一方で、後攻の熊本国府はひとりが失敗。ルーテル学院が勝利を収め、4年ぶり5回目の選手権出場を決めた。

 これで47の代表校が決まり、残るは28日に決勝を迎える神奈川予選のみとなった。桐光学園と桐蔭学園が雌雄を決し、晴れて全出場校が出揃う。

 すでに選手権本大会の組み分け抽選会は16日に実施されており、ルーテル学院は12月31日の1回戦で丸岡(福井)と対戦する。大会は開会式・開幕戦が行なわれず、大晦日の1回戦で一斉スタート。1月11日の決勝戦まで、首都圏8会場で熱戦が繰り広げられる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ