広島が攻撃陣の2発で快勝!敗れた名古屋は4位後退…フィッカデンティ監督「ゴールをプレゼントしてしまった」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月11日

相手GKのミスキックをカットして先制につなげる

森島は直接FKを決めチーム2点目をゲット。勝利に貢献した。写真:田中研治

画像を見る

 J1リーグは11月11日、各地で4試合を開催。エディオンスタジアム広島では、サンフレッチェ広島対名古屋グランパスの一戦が行なわれ、2対0で広島が勝利を収めた。

 試合は一進一退のせめぎ合いでスタートとしたものの、16分に広島が均衡を破る。相手GKランゲラックのキックを前線でカットすると、そのこぼれ球に反応したレアンドロ・ペレイラが右足を一閃。鋭いシュートがゴールに突き刺さった。広島が先制する。

 その後、ゲームは1対0のまま膠着したが、79分に広島が追加点。ペナルティエリア手前やや右で、相手のハンドによってFKのチャンスを得た広島は、森島司が縦回転の変化を付けたシュートで直接ゴールを狙うと、ポストに直撃したボールはそのままゴールに吸い込まれた。

 広島は、その後も名古屋に追撃を許さず2対0のままタイムアップ。広島が3試合ぶりの勝利を掴み、勝点を39に伸ばした。順位は8位に浮上している。一方の名古屋は勝点49にとどまり、FC東京にかわされ4位に後退している。

 試合後、名古屋のフィッカデンティ監督は、「自分たちのミスでゴールをプレゼントしてしまうという流れを続けてしまった。自分たちでさらに首を絞めることになった」と、ミスからの失点に肩を落とした。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ