前ユベントス監督のサッリがフィオレンティーナへ? 伊紙がイアキーニの解任説を報じる!

カテゴリ:ワールド

ワールド

2020年10月23日

10月25日のウディネーゼ戦の結果次第では

解任報道が流れたフィオレンティーナのイアキーニ監督。(C)Getty Images

画像を見る

 4節を消化したセリエAで、早くも指揮官の交代があるかもしれない。3戦3敗(3節のジェノア戦は延期)で最下位に沈むトリノのマルコ・ジャンパオロよりも先に解任されそうなのが、フィオレンティーナのジュゼッペ・イアキーニ監督だ。
 
 フィオレンティーナは1勝1分け2敗の12位。開幕戦こそホームでトリノに1-0で勝利したものの、2節のアウェーでのインテル戦は終盤まで3-2とリードしながら、87分、89分にゴールを許して3-4で敗れた。
 
 3節のホームでのサンプドリア戦にも1-2で敗れて連敗。続く4節は、昇格組のスペツィア相手に2分と4分にゴールを決めて開始早々2点リードしたものの、39分と75分に失点して2-2で引き分け。このドローでイアキーニ監督の足下がぐらつき始めた。
 
 22日、イタリアの一般紙「Corriere della Sera」のフィレンツェ地方版「Corriere Fiorentino」は、「サッリの波がイアキーニを襲う」という見出しで、フィオレンティーナが前ユベントス監督のマウリツィオ・サッリを新監督として招聘すると報道した。10月25日に行なわれるホームでのウディネーゼ戦が、イアキーニ監督のラストチャンスと伝えている。
 
 こうした状況の中、フィオレンティーナのロッコ・コンミッソ会長は「サンプドリア戦とスペツィア戦の結果は残念だが、イアキーニ監督と前進していく。彼の処遇を話し合っていないし、サッリとも会っていない」と解任する考えはないと強調している。それでも現地メディアは、監督交代は既定路線と見ているようだ。イアキーニ監督にとって、ウディネーゼ戦の結果が非常に重要になるのは間違いない。
 
構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月11日発売
    WSD責任編集
    永久保存版
    ディエゴ・マラドーナ
    追悼号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月3日発売
    移籍専門記者が解説
    超ビッグネームの
    去就予測2021
    特製壁掛けカレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ