• トップ
  • ニュース一覧
  • 【鹿島】「とにかくゴールにどん欲に」今季3点の上田綺世が奮起!神戸戦で得点量産のキッカケをつかめるか?

【鹿島】「とにかくゴールにどん欲に」今季3点の上田綺世が奮起!神戸戦で得点量産のキッカケをつかめるか?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月20日

「サッカーのルール上、点を取れないと勝てないのは分かっている」

「得点という形でチームの勝利に貢献したい」と語る上田。写真:田中研治

画像を見る

 鹿島アントラーズの上田綺世は10月20日、練習後にオンライン上で取材に応じ、翌日のヴィッセル神戸戦への意気込みを語った。

 開幕4連敗でスタートした今季の鹿島だったが、8月26日のFC東京戦から7連勝と上昇気流に乗り、ここまで12勝3分9敗の6位に付けている。

 上田は「前節負けてしまっているので、連敗しないように、次の試合しっかりと勝ちたいと思います」、「どのくらいチャンスをもらえるか、出場時間は分からないけれど、その時間で得点という形で貢献できれば一番良いです。仮にそうじゃなくても、チームが勝つために必要なことをしたいなと思います」と決意を口にした。

 昨季途中に入団時期を早めてまで加入するなど、将来を嘱望されているFWは、ここまで16試合出場し、3得点。先発は2試合で、プレー時間は472分とチーム18番目だ。

 前節の終盤にはDFにリフレクトしたボールにゴール前で素早く反応しダイレクトシュートを放つが、ポストを直撃。テクニックや巧みな動き出しなどを随所に見せるものの、なかなか結果に結びついていない。
 
「キッカケはどこにあるか分からないですけど、とにかくゴールにどん欲に、シュートを数多く打って、ゴールに迫るようなプレーをどんどんしていきたい。そうすれば、キッカケをつかめるのではないかと思います」と終盤戦に向けて自らを奮い立たせた。

 今季の鹿島は、第2節・川崎戦のオウンゴール以外、敗戦した試合は全て無得点だ。

「サッカーのルール上、点を取れないと勝てないのは分かっています。それをするのがフォワードなので、点がとれないという責任はフォワードにある。今シーズン、僕も点を取れていないので、もっとゴールに貪欲になりつつ、チームを助けるゴールを取りたいなと思います」

 そう責任感を口にする若きストライカーが、チームを勝利に導けるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【鹿島】完封負けした札幌戦で多用されたロングボール。その適切な使用方法とは?
【鹿島】白崎凌兵が練習中の筋肉系トラブルで約2か月の離脱。“アピール成功”鳥栖戦からわずか2日後に無念の負傷
“冷遇”の久保建英にバジャドリーがオファーと現地報道! 怪物ロナウドが“恋人”のレンタルを古巣マドリーに打診か
「なぜ居場所を奪った?」「今こそシンジが必要」不振のサラゴサにファンは香川真司の再契約を希望! SNSに批判殺到
STVV鈴木優磨の今季3点目を含む、全9ゴールの “殴り合い”の行方は!? Wスズキの日本人対決は実現せず

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ