【鹿島】「とにかくゴールにどん欲に」今季3点の上田綺世が奮起!神戸戦で得点量産のキッカケをつかめるか?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月20日

「サッカーのルール上、点を取れないと勝てないのは分かっている」

「得点という形でチームの勝利に貢献したい」と語る上田。写真:田中研治

画像を見る

 鹿島アントラーズの上田綺世は10月20日、練習後にオンライン上で取材に応じ、翌日のヴィッセル神戸戦への意気込みを語った。

 開幕4連敗でスタートした今季の鹿島だったが、8月26日のFC東京戦から7連勝と上昇気流に乗り、ここまで12勝3分9敗の6位に付けている。

 上田は「前節負けてしまっているので、連敗しないように、次の試合しっかりと勝ちたいと思います」、「どのくらいチャンスをもらえるか、出場時間は分からないけれど、その時間で得点という形で貢献できれば一番良いです。仮にそうじゃなくても、チームが勝つために必要なことをしたいなと思います」と決意を口にした。

 昨季途中に入団時期を早めてまで加入するなど、将来を嘱望されているFWは、ここまで16試合出場し、3得点。先発は2試合で、プレー時間は472分とチーム18番目だ。

 前節の終盤にはDFにリフレクトしたボールにゴール前で素早く反応しダイレクトシュートを放つが、ポストを直撃。テクニックや巧みな動き出しなどを随所に見せるものの、なかなか結果に結びついていない。
 
「キッカケはどこにあるか分からないですけど、とにかくゴールにどん欲に、シュートを数多く打って、ゴールに迫るようなプレーをどんどんしていきたい。そうすれば、キッカケをつかめるのではないかと思います」と終盤戦に向けて自らを奮い立たせた。

 今季の鹿島は、第2節・川崎戦のオウンゴール以外、敗戦した試合は全て無得点だ。

「サッカーのルール上、点を取れないと勝てないのは分かっています。それをするのがフォワードなので、点がとれないという責任はフォワードにある。今シーズン、僕も点を取れていないので、もっとゴールに貪欲になりつつ、チームを助けるゴールを取りたいなと思います」

 そう責任感を口にする若きストライカーが、チームを勝利に導けるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ