「教え子たちとは大違いだ!」ペップが本拠地エティハドに乗り付けた“日本車”はどれ? 右後方には巨大な凹みが…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月18日

アーセナルに快勝。週明けにはポルトとのCL初戦が

土曜日の大一番で、アルテタ(左後方)との師弟対決を制したペップ。(C)Getty Images

画像を見る

 現地土曜日、イングランド・プレミアリーグの大一番が開催された。本拠地エティハドにアーセナルを迎えたマンチェスター・シティは、ラヒーム・スターリングの決勝点で見事に1-0の勝利。4節を終え、戦績を2勝1分け1敗としている。

【動画】ESPN記者が撮影した“ペップ&日産リーフ”はこちら。大きな凹みもくっきりと…

 その試合前、会場に乗り付けた一台の日本車があった。運転手はほかでもない、マンCを指揮するペップ・グアルディオラである。日産自動車が誇る電気自動車「LEAF」で、飾らない本格派志向の名将らしいチョイスだろう。

 入場ゲートで待ち受けて、その様子を撮影していたのが米ネットワーク『ESPN』のホアン・カステロ=ブランコ記者だ。動画付きで自身のツイッターに投稿し、「グアルディオラは豪華な駐車場にあってもっともシンプルな車を運転している」と綴った。
 
 映像をよく見ると、車体の右後方にはどこかでこすったのか、大きく凹んだ傷跡もある。英紙『The Sun』はこのネタにすぐさま飛びつき、「教え子たちがアウディやロールスロイスを乗り回しているのとは大違いだ! ペップおよそ3万ポンド(約400万円)の日本車を選び、しかも特大の傷がついていても気にしていない様子である」と伝えた。ペップが運転する「LEAF」のあとには、選手が運転するロールロイス『Wraith』の姿が──。ちなみにこちらの推定価格は、約3800万円である。

 図らずも、あらためて庶民的な感覚の持ち主であることを示したペップ。いまひとつ調子の上がらないマンCだったが、今回のアーセナル戦ではようやくエンジンが温まってきた印象を与えた。週明けにはポルト(ポルトガル)とのチャンピンズ・リーグ初戦を戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ