リバプール主将のAT弾はVARで幻に…。通算237回目のマージーサイド・ダービーは文字通りの痛み分け!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月17日

ヘンダーソンが劇的弾

新型コロナウイルスの陽性反応から復帰した初戦でゴールを決めたマネ。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間10月17日に開催されたプレミアリーグ第5節で、南野拓実の所属するリバプールは、敵地グディソン・パークで“隣人”エバートンと対戦した。

 前節のアストン・ビラ戦で2-7と大敗したリバプール。開幕4連勝と絶好調のエバートンとのダービーとなった今節は、新型コロナウイルスの陽性反応ためにチームを離脱していたチアゴとマネが先発に復帰。注目の南野拓実は、5試合連続でベンチスタートとなった

 通算237回目の「マージーサイド・ダービー」は、開始早々にアウェーチームが均衡を破る。2分、左サイドを攻め上がったロバートソンが鋭いクロスを供給。これをマネが豪快に蹴り込んで先制点をもぎ取ったのである。

 電光石火の攻撃で先手を取ったリバプールだったが、直後にアクシデントに見舞われる。ファン・ダイクが相手GKピックフォードと激しく接触して右膝を負傷。ゴメスとの交代を余儀なくされたのだ。

 大黒柱を失った相手を尻目に、徐々に主導権を握っていったエバートンはセットプレーから同点とする。18分、ハメスの蹴った絶妙なCKに合わせたキーンがヘディングシュートをねじ込んだ。

 ダービーらしい激しい展開が続いた前半は、30分を過ぎてからリバプールが主導権を握る。スペイン代表MFチアゴを起点に素早いパスワークで寄せにくるエバートン守備陣を翻弄。幾度となく相手ゴールに迫ったが、決め手を欠いた。
 

 1-1で迎えた後半も前半途中からの流れのまま、チアゴを起点にした小気味いいパスワークを展開したアウェーチームがイニシアチブを握る。一方のホームチームは、司令塔のハメスが決定機に絡む。59分には柔らかいクロスボールでリシャルリソンのヘディングシュートを演出したが、ここは惜しくもポストに嫌われた。

 緊張感のある攻防戦が続いたなかで、勝ち越し点を奪ったのは、レッズだった。72分、右サイドからのヘンダーソンのクロスを相手CBミナが弾いたところに素早く反応したサラーが左足一閃。鋭いダイレクトシュートをゴール左下隅へねじ込んだ。

 エースの通算100ゴール目で勝ち越したリバプールだが、エバートンも食らいつく。81分に執拗に攻め抜いていた左サイドからディーニュのクロスをキャルバート=ルーウィンがヘディングシュートを押し込んだ。

 その後、88分にチアゴと接触したリシャルリソンが退場となったシーソーゲームは、後半アディショナルタイム1分にヘンダーソンが勝ち越しゴールをねじ込むも、直前のプレーでマネがオフサイドを取られて、VAR判定でノーゴールに。結局、2-2で終了した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「ミナミノは際立っている」リバプール地元紙が南野拓実の先発抜擢をプッシュ! フィルミーノを上回るデータとは?
「周りの選手のことを考えている余裕はない」強い気持ちを示した南野拓実。必要なのは「もっと試合に出て結果を残すこと」
「この機会を待っていた…」久保建英がついにスタメンか!“冷遇批判”の指揮官が注目コメント
「マドリーはピピを昇格させる」16歳・中井卓大のトップチーム入りの可能性を英紙が報道!「その瞬間に近づいた」
「ピピは多才だ」ジダンとラウールが才能を認めた中井卓大。マドリーの名物スカウトの評価は?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ