「彼は大金を全く返していない」伝説OBリバウド、古巣バルセロナの後輩に苦言!補強についても「なぜスアレスの後釜を獲らない?」

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年10月09日

「もっとハードにトライすべきだった」

愛する古巣バルセロナに意見したのがこのリバウドだ。(C)Getty Images

画像を見る

 今シーズンからロナルド・クーマンを新監督に迎えたバルセロナは、構想外となったルイス・スアレスをアトレティコ・マドリーに放出した。

 ラ・リーガ開幕から3試合で8得点・1失点で2勝1分けの7ポイント。新生バルサはまずまずのスタートを切っている。だが、レジェンドOBのリバウドは、スアレスの代役となる選手が必要だったと懸念を示した。

『Betfair』のアンバサダーであるリバウドは、コラムの中で「バルセロナはスアレスの代わりとなる新しいストライカーの獲得にもっとハードにトライすべきだった」と主張している。

「われわれは彼の不在を感じることになるだろう。特に、チャンピオンズ・リーグの決定的な試合でね。だが、リーガのレアル・マドリーやアトレティコ、セビージャとの試合もそうだ」

「幸いにもチームはまずまずのシーズンスタートを切った。クーマンの下で良くなっているようだ。だがもちろん、これまでのシーズンからの未解決の問題は残っている」
 
 さらに、元セレソン戦士は「ウスマンヌ・デンベレは移籍を断った。彼がコンスタントにプレーしていれば、それは問題にならないだろう。だが、ケガや練習遅刻などが続ければそうじゃない。それは良くないことだ」と続けた。

「彼は素晴らしい選手だ。だが、責任を負ってプレーすることを望んでいると証明する必要がある。クラブは彼に大金を払った。そしてまだそこから一切返されていない。クーマンのチームで重要なメンバーになるためには、コミットメントが必要だ。それを彼が示せるか、見てみよう」

 クーマン率いるバルセロナは、国内外のビッグマッチでもスアレス不在を感じさせずに戦えるのか。デンベレは輝くことができるのか。今後に注目だ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】ビッグディールが続々成立!2020年夏に新天地を求めた名手たちを一挙紹介

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ