「クボはいずれ爆発する」久保建英の“冷遇問題”をビジャレアル番記者はどう見ているのか?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月09日

開幕5試合で与えられた出場時間はわずか54分

久保の起用法を巡る問題は現地スペインでも取り上げられている。(C) Rafa HUERTA

画像を見る

 現地スペインを賑わせているのが、久保建英の「冷遇問題」だ。

 ウナイ・エメリ監督のラブコールを受け、数あるオファーの中から、ビジャレアルへのレンタルを選択した久保だが、開幕5試合で与えられた出場時間はわずか54分。いずれも、試合終盤での投入となっている。

 この状況を危惧した保有元のレアル・マドリーが、「1年のレンタル契約を途中で破棄する可能性を検討しはじめた」と一部メディアが報じるなど、ただならぬ事態になっているかに思われた。

【動画】ファン熱狂!久保建英が決めた超絶ヒール弾はこちら
 だが、10月8日にスペイン紙『AS』に掲載された記事で、『サッカーダイジェストWeb』にも寄稿してくれているビジャレアル番のハビエル・マタ記者は、「マドリーがレンタル契約を一方的に打ち切る条項はない。出場時間が少ないことに関するクレームもきていない」と断言。そして、日本の19歳の現状についてこう綴っている。

「ビジャレアルはクボの状況を静観しており、遅かれ早かれ爆発すると確信している。エメリ監督はこの日本人を成長中の選手だと見ており、これからシーズンを通して重要な戦力になると考えている」

 実際、エメリ監督自身も、「(スタメン起用には)プロセスというものがある。タケは日々成長しているところだ」と語り、まだチームにフィットさせている段階であると強調していた。

 今月22日にはヨーロッパリーグも開幕し、二足の草鞋を履くことになるビジャレアル。久保の出場時間も自ずと増えていくはずだ。日本の至宝の“爆発”に熱視線が寄せられている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ