岡崎&長友離脱に「僕に求められることはより大きくなる」キャプテン吉田麻也が語るコロナ禍での‟日本代表”

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月05日

ほかの団体スポーツ競技に先がけサッカー日本代表が初の海外代表合宿を敢行

昨年は史上8人目となる代表通算100試合出場を達成したキャプテンの吉田。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本代表は10月5日、ユトレヒト郊外で、今回のオランダ遠征合宿をスタートさせた。

 コロナ禍で代表活動を行なうにあたっては、厳格なガイドラインに従って行動するため、従来の活動とは勝手も変わってくる。

 原則、ホテル内でも自室で待機し、コミュニケーションの場も設けていない。トレーニングやミーティング以外で唯一顔を合わせる食事の場でも、円卓を囲んで話ながらとはいかない。JFA関係者によると「学校の教室のような感じ」で皆が同じ方向を向いて個別の机で食事をとる。食べている時以外はマスク着用を促し、さらに一人ひとりに専用の消毒液を携帯させる徹底ぶりだ。

 この日は、前日に所属チームでの試合を戦ったメンバーが合流する前で全員が揃ったわけではないものの、日本代表のキャプテン吉田麻也は、今年の“日本代表初練習”を前にオンライン上で取材に応じた。

 今回のコロナ禍での代表活動については、「誰もが、僕を含めてみんなが、待ちに待った代表戦だと思います。それは僕ら選手も、スタッフも、協会も、そして一番にファンのみなさんが待ち望んでいたことだと思います」

 さらに、「僕自身は選出されてすごく嬉しいですし、やっと日本代表としてもう一度活動ができると本当に心の底から嬉しいなと思います」と喜びを語る。

「しかし、こういう状況ですし、サッカー日本代表が、日本の団体競技として、初めてこういう活動をするということで、いろんな意味で注目される期間になると思う。僕らが良い形で成功を収めて、少しずつスポーツが本来の姿を取り戻せるようにしていけたら良いなと。そういう意味では僕たちの責任は今回非常に大きいと思っているので、ピッチ内外で自分たちがやらなければいけないことに集中したいと思います」と責任の大きさも痛感しているという。
 
 また今回のメンバーには若手や代表経験の浅い選手も多い。さらにベテランの岡崎慎司と長友佑都が代表合流前に離脱している。
「そういう意味では今回、岡崎選手、長友選手が来れなくなってしまったので、僕に求められることはより大きくなってくる」
 吉田の中でより強い責任感も芽生えているようだ。

 さらにチームとしても久しぶりの代表活動となるだけに、「前回からかなり時間も空いていますし、短い時間なので非常に難しいとは思うんですけど、そのなかでも1日1日、一回一回のトレーニングを濃いものにしていかないといけないですし、ピッチ内外でこの合宿を濃いものにしていかないといけない。そういう意味では今回の活動は非常に、個人的にもチームとしても大切な時間になると思います。1秒1秒を惜しみなくチームの底上げにつながるように費やしていきたいなと思います」と、今回の欧州遠征が代表強化の貴重な時間になることを強調した。

 日本代表は10月5日からトレーニングキャンプを開始し、同9日にカメルーン代表と、同13日にコートジボワール代表と親善試合を戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【日本代表PHOTO】カメルーン、コートジボワール戦に臨む招集メンバー25人

 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ