【U-19代表】影山監督も「非常に期待している」。 大物感が漂う鈴木唯人を見逃すな

カテゴリ:日本代表

古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

2020年10月05日

「もっともっと自分のプレーを出す自信がある」

清水に所属する鈴木唯人は、高卒1年目のルーキーながらチームに欠かせない存在になっている。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 U-19日本代表候補の合宿が10月4日より、千葉県内で行なわれている。チームは今年10月に開催するU-19アジア選手権を目標にしていたが、新型コロナウイルスの影響で大会は来年初旬に延期。大会の明確な開催時期が不明ななかでの合宿となっている。

 合宿1日目の4日は、週末のJリーグの影響で参加人数が少なかったが、2日目の今日5日は全選手が参加。練習後のメディア対応は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンライン上での取材となっている。

 約2時間の練習後、高卒ルーキーながらJ1で17試合に出場している清水の鈴木唯人は合宿についての個人のテーマをこう語った。

「たくさんのチームから集まっているので、自分のプレーを出すことが一番だと思います。あとは他の選手とコミュニケーションを取ること」

 ミニゲームではフリーマンとしてボールを失わない技術の高さを見せつければ、ハーフコートゲームでは正確な長短のパスを披露。言葉通り、自分のプレーをして、影山雅永監督からも「非常に期待しています」と太鼓判を押された。
 
 
 とはいえ「もっともっと自分のプレーを出す自信がある」と自負する。思い返せばJデビュー戦となった今季の2節・名古屋戦でも「早い段階でもチャンスは来ると思っていた。(スタメン抜擢に)驚きはない」と自信満々に言い切っていた。

 これらの堂々とした受け応え、立ち居振る舞いに大物感を覚えるのは筆者だけではないはずだ。

 最後に訊かれた「今回選出された磐田U-18出身の鈴木海音のことを、同じ静岡県のチームの選手としてライバル視するか?」の質問には、「意識していないです」ときっぱり即答。

 リップサービスはなかったが、清水で活躍を続け、また代表へ――。鈴木の一挙手一投足から目が離せない。

取材・文●古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
エース候補・西川潤がついにU-19合流も…世界を知る期待のレフティがぶつかる課題とは?
【日本代表】岡崎慎司に続き、長友佑都もオランダ遠征を不参加に…コンディション不良と発表
「クボのような選手がいないくせに」久保建英を“冷遇”するエメリ監督をマドリー寄りメディアが辛辣批判!「冗談としか思えない」
なぜ久保建英に出番を与えないのか? 批判を浴びるエメリ監督が明かした理由「昨季は良いシーズンを送ったが…」
「タケ!」スタジアムに響いた久保建英への“叱責”…らしくない5分で2度のボールロストに、エースも注文

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ