【浦和】ホームで“無得点4連敗”でも「チームはまだまだ死んでいない」槙野智章が感じた印象とは…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月05日

次節の対戦相手、鳥栖から奪った9月9日のゴール以来ホームでは無得点

「リーグ再開後よりも良くなっている」と語る槙野。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ20節]浦和0-1名古屋/10月4日(日)/埼スタ

 試合は、終始オープンな展開になり、前半は両チームが決定機を迎えたが両GKのファインセーブもあり無得点に。迎えた後半は54分に名古屋の金崎夢生に決められ、さらに85分には決定機を阻止したとしてDFトーマス・デンが一発退場となり数的不利に。守備ブロックを築く名古屋の牙城を崩すことができず、0-1で敗戦となった。

 浦和レッズはこれでホーム4連敗。9月20日の川崎戦を0-3で落とし、同26日の横浜FC戦では0-2。さらに30日のFC東京戦とこの日の試合は0-1で敗れ、約1か月に渡ってホームで得点も奪えていない。

 この結果を受けて、試合後に大槻毅監督は「名古屋との戦いは手堅いものになると想定していました。それに対して、準備してくれたこと、仕組みだったり、選手の配置だったり、交代を含めて選手はよく表現してくれていたと思います。ゴールを割るところができなかったのは残念です」と振り返った。

 さらに、「結果に関しては監督が負わないといけない、選手がしっかりと表現しようとしてくれているところに関しては感謝しかない。サポーターのみなさんに心苦しい思いをさせて申し訳ありませんけど、頑張りたいと思います」と語った。
 
 この試合でも先発フル出場を果たした槙野智章は「負けてこういう事を言うのはおかしいと思いますけど、やっている選手としては間違いなく良い感触を持ってやっています」

 そう語ると、「結果だけ見れば3連敗。無得点が続いています。失点のところは少し改善しないといけない部分だと思っていますけど、試合のなかでもボールの動かし方、ボールを保持するところ、ゴールに向かうところまでのアイデアは、試合をこなすことで上向いているという印象で選手たちもやっています。

 とにかく継続しなければいけない。下を向く時間は無いと思っています。決してチームはまだまだ死んでいないというのを見せないといけない」と次節への決意を語った。

 中5日で迎える次節は敵地での鳥栖戦。9月9日の2-2で引き分けた前回対戦は、ホームで最後に得点を挙げた試合となる。

 敵地で得点を奪い、この悪い流れを断ち切ることができるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ