武藤&乾がそろって先発し“史上初”の快挙達成!エイバルは昇格組に敗れて開幕4戦勝ちなし

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月01日

ともに前半はアグレッシブにプレー

先発でピッチに立った武藤(左)と乾。 (C)Getty Images

画像を見る

 現地時間9月30日に行なわれたラ・リーガ第4節で、乾貴士と武藤嘉紀が所属するエイバルがホームで昇格組のエルチェと対戦した。

 4-4-2の左サイドハーフで4試合連続の先発出場となった乾とともに、新加入の武藤も2トップの一角で初のスタメン入り。前節のアスレティック・ビルバオ戦は、前者がベンチに下がった後に後者が出場していたため、これでリーガ史上初めて、同じチームの2人の日本人選手が同時にピッチに立つという快挙を達成した。

 その両雄は、立ち上がりからアグレッシブな動きで攻撃を牽引する。25分には乾が右サイドに展開し、右SBテヘロがクロス。武藤がドンピシャのヘッドで合わせるが、惜しくもGKにキャッチされす。その直後に、今度は乾がミドルレンジからシュートを狙うも、これは大きく外れた。

 33分には、乾が左サイドから武藤に目掛けて鋭いクロスを送り込む。だが、これも合わせることができなかった。

 一方的に攻め込んでいたエイバルだったが、37分に一瞬の隙を突かれてボイエにシュートを決められ、先制を許す。

 1点をリードされたホームチームは、後半開始早々にビッグチャンス。敵のハンドでPKを獲得するも、エスポーシトがバーの上に大きく外してしまい、絶好機を逃す。

 武藤が63分、乾が74分にベンチに下がったエイバルは、選手交代で流れを作ろうとするも、ボールは支配しながら最後の局面での精度を欠き、同点に追い付けない。

 最後まで1点が遠く、0-1で敗れたエイバルは3連敗で開幕4戦勝ちなし。一方のエルチェは嬉しい昇格後初勝利となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ