G大阪、倉田&パトリックの得点で貴重な勝点3! 広島の猛攻を耐え、逃げ切り勝ちで3連勝!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月27日

倉田のゴラッソが流れを引き寄せる!

見事なドライブシュートで先制ゴールを挙げた倉田。写真:田中研治

画像を見る

 J1リーグは9月27日に、各地で第19節の6試合を開催。エディオンスタジアム広島では、サンフレッチェ広島対ガンバ大阪の一戦が行なわれ、2-1で逃げ切ったG大阪が敵地で勝利を収めた。
 
 広島は前節3試合ぶりの勝利を収め、G大阪は2連勝中と、調子が上向く両者の戦いは、立ち上がりからお互いにアグレッシブに球際でぶつかる。
【動画】倉田秋が広島戦で決めたスーパーミドルをチェック!
 
 最終ラインで冷静にボールを回し、徐々にビルドアップしていく広島に対し、G大阪はアデミウソンとパトリックのブラジル人コンビが前線から圧力をかけて、ショートカウンターを狙う。
 
 先制したのはG大阪。左サイドで細かく繋いで隙を窺うなか、16分に相手DFがはね返したセカンドボールを拾った倉田秋が、ペナルティエリア左手前から右足を振り抜く。この縦に落ちる軌道のボールが逆サイドのネットを揺らし、先制する。
 
 勢いに乗って押し込むアウェーチームは、20分に追加点。GKからのグラウンダーのロングフィードを受けた倉田が、前線に浮き球のスルーパスを供給。これに走り込んでいたパトリックがペナルティエリア左まで持ち上がり、右足でニアを打ち抜いた。
 
 その後は広島にボールを握られ、35分にはDFラインの裏に浅野雄也に抜け出され決定機を作られるも、東口順昭がしっかりとセーブ。粘り強い堅守を見せ、2点リードで前半を折り返す。
 
 後半も序盤からボールを握ったのは広島。球際を制してボールを奪うと、アタッキングサードで連動したパス回しを見せ、左右に揺さぶって隙を窺う。しかし、相手のコンパクトな守備ブロックを崩し切れず、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。
 
 61分には茶島雄介、ハイネル、レアンドロ・ペレイラの3枚を一気に投入。すると70分、柏好文の左サイドからのクロスに、ファーサイドで反応したL・ペレイラが頭で叩き込み1点を返す。
 
 その後も最後まで相手ゴールに迫り続けた広島だったが、追加点を奪えず。逃げ切ったG大阪が2-1で勝利を収め、3連勝を飾った。
 
 次戦は10月3日にともにホームで、広島がサガン鳥栖と、G大阪は鹿島アントラーズと20節を戦う。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ