【FC東京】「森下には絶対に負けたくない」ルーキー中村帆高が明治大時代のライバルとのバトルに闘志を燃やす!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月26日

「(前回対戦は)2倍ぐらい悔しかった」

ここ2試合は先発フル出場を果たし無失点勝利に貢献した中村。鳥栖戦に向け、ライバルとの対戦に闘志を燃やした。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 FC東京のDF中村帆高が9月26日、翌日に控えたJ1リーグ第19節・サガン鳥栖戦を前にオンライン取材に応じ、明治大時代の元チームメイトへの思いを明かした。
 
 大卒ルーキーの中村は、1年目ながらここまですでに15試合に出場。直近の2試合(17節・ベガルタ仙台戦、18節・セレッソ大阪戦)では連続でフル出場を果たし、右サイドバックとして無失点勝利に貢献した。
 
 次の相手となる鳥栖は3連敗中とはいえ、最近では複数得点を重ね、攻撃的スタイルが機能している気を抜けないチーム。中村は警戒しつつ、意気込みを語った。
 
「相手は前線で強い選手、速い選手もいるので、一瞬でも気を抜いたら点を取られてしまう。けんたさん(長谷川健太監督)も今日、『ここ2試合は自分たちの強みのカウンター、堅守速攻で勝てているのが事実。だから相手がどうこうではなく、自分たちのサッカーを思いっきりやろう』と口酸っぱく言っていた。鳥栖は細かく繋ぐのが上手いので、そういう意味ではボールを持たれて厳しい時間もあると思いますが、FC東京らしく堅実に守って、また良い形で、速攻で点を取って勝てればなと」
 
 鳥栖には、明治大時代のチームメイトで、同学年だったDF森下龍矢が在籍する。同じサイドバックを主戦場とする選手で、大学の4年間はライバルとして切磋琢磨してきた。そして今シーズンから中村はFC東京で、森下は鳥栖でプロキャリアをスタート。前回対戦では先発フル出場を果たした森下の得点もあり、2-3で敗れた。この試合をスタンドから見守っていた中村は、そのときの悔しさを口にした。
 
「こないだの鳥栖戦は、自分はスタンドから見ていたんですけど、シンプルにチームが負けて悔しかったし、その一方で点を決めたのが明治の同期の森下っていうこともあって、2倍ぐらい悔しかった」
 
 このライバルの活躍に、受けた刺激は小さくないようだ。

「自分が出て勝利に導きたい。明治の同期である森下には絶対に負けたくないと思っているので、明日同じピッチに立てれば、絶対に負けないようにしたいと思っています」

“リベンジマッチ”に向け、鼻息は荒い。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「建英よりも能力が高いのではないかと…」FC東京の長谷川監督が積極起用を示唆した若手は?
【岩本輝雄が選ぶJ1前半戦ベスト11】MVPはオルンガ。アンカーには派手さはなくても頼れる存在の藤田を!
【J1前半戦総括/選手編】個の活躍に目を向ければ「川崎一強」ではない。新時代のうねりも
【Jリーグ前半戦 日本人ベストプレーヤー|MF編】川崎&柏の“ナンバー10”が出色の出来! 大ブレイクの若手も
【Jリーグ前半戦 日本人ベストプレーヤー|DF編】国内屈指のCB2名に、移籍後に大活躍の右SBにも高評価!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ