• トップ
  • ニュース一覧
  • 「ユウヤはスケープゴートではない」サポからブーイングを受けた大迫勇也、同僚やスタッフが擁護「十分なプロだ」

「ユウヤはスケープゴートではない」サポからブーイングを受けた大迫勇也、同僚やスタッフが擁護「十分なプロだ」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月25日

ヘルタ・ベルリン戦で交代時に一部のファンから“拍手”が

ファンから大迫への拍手や指笛が話題になってしまっている。(C)Getty Images

画像を見る

 大迫勇也が、思わぬ逆風にさらされている。

 ブンデスリーガの開幕節、ブレーメンはヘルタ・ベルリンと対戦した。先発した大迫は前半のみで交代。試合には1-4で敗れている。

 この試合で、一部のサポーターが大迫の交代に対して拍手を送り、ミスをするたびにブーイングが飛ぶなどの光景が見られた。現地でもその様子はメディアで報じられており、批判が集中している大迫に対して、同僚やスタッフが口を開くという事態になっている。

 現地紙『WESER KURIER』に対しては、DFマルコ・フリードルが「ユウヤがスケープゴートになるはずがない」と語った。

「(ヘルタ・ベルリン戦で)口笛を吹かれたのはユウヤだけど、結局のところ、僕らはチームとして全員が関わっている。もしほかの誰かがハーフタイムに交代していたら、その矛先はその人物だったはずだ」

 また、「ユウヤはプロだ」とも語り、「彼とロッカールームで話している時、もちろん彼はその“反応”をどう処理すべきか十分な方法を知っている。笛を吹かれるのは快適ではないけれど、それもプロサッカーの一部だ」と大迫自身にも影響がないことを強調している。

 そして、スカウティング担当の元ドイツ代表DFクレメンス・フリッツも大迫について「何を疑うことがあるんだ?」と現地紙『krieszeitung』の取材に対してコメントしている。

「2回のワールドカップに参加し、2回も母国で最優秀選手に選ばれたプレーヤーについて、それ以上何か言うべきことがあるのか? 彼は十分なプロであり、自分自身を引きずり下ろすようなことはするべきではない。

 ヘルタ・ベルリン戦では確かに不安そうな気配があった。ボールに触るたびによくないスパイラルに陥る。ただ、彼はブレーメンで特別なプレーヤーで、今後もそれは変わらない。ユウヤはトレーニングで調整し、試合で必ず取り戻すだろう。我々は彼を必要としているし、求められているのは良い言葉だけだ」

 ブレーメンは次節、26日にアウェーでシャルケと対戦する。次戦こそ勝利を掴みたいチームにおいて、大迫は自らの価値を示すことができるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
ハンブルクの公式インスタが炎上! 現地で過熱する“酒井バッシング”にクラブと地元メディアが苦言
「海外行く気あるの?」。引退会見で思い出した内田&大迫のエピソード
「タカを覚えていますか?」アルゼンチン紙が19年前にボカ電撃入団を決めた高原直泰を特集!「異例だった」
「怪物だ」「この試合の目玉だった」キャプテン・本田圭佑を現地紙が高評価! ファンからも絶賛の声
「絵になりますね」長谷部誠が投稿した束の間のオフショットにファン絶賛!「男前が滲み出てる」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ