輝きを失ったディ・マリアのなぜ 【マンU番記者】の考察

カテゴリ:メガクラブ

マーク・オグデン

2015年03月10日

このままではスタメン落ちも現実味を帯びてくる。

調子が右肩下がりのディ・マリア。その原因はなにか――。 (C) Getty Images

画像を見る

 アンヘル・ディ・マリアのパフォーマンスが芳しくない。
 
 敵地セント・ジェームズ・パークでのニューカッスル戦(28節)も、これといった見せ場を作れぬまま59分に交代を告げられた。ベンチの指示が腑に落ちないといった表情で27歳のアルゼンチン人は下がっていったが、ここまで低調なパフォーマンスを続けていては文句は言えないだろう。ディ・マリアの不振は深刻だ。
 
 英国史上最高額となる5970万ポンド(約101億円)の移籍金でマンチェスター・ユナイテッドの一員となったディ・マリアは、最高の滑り出しを見せた。4節のQPR戦から5試合で3ゴール・4アシストをマーク。5節レスター戦での鮮やかなチップシュートなど、輝ける才能を遺憾なく発揮した。チームに欠けていたクリエイティビティ(創造性)とスピードをもたらす最高の新戦力――。ディ・マリアはまさに救世主だった。
 
 しかし、そんな輝きは冬の訪れとともにすっかり消えてしまった。プレミアリーグでは10月5日のエバートン戦を最後にゴールがなく、プレー内容もシーズンが進むにつれて下がっていった。2月28日の27節サンダーランド戦は前半だけで交代を命じられ、最近はスタメン落ちすら取り沙汰されている。
 
 不振の理由はどこにあるのか。複数の要因が重なっているだろう。
 
 ひとつはポジションの問題だ。4-2-3-1、3-4-1-2、4-3-3など複数のシステムを使い分けるルイス・ファン・ハール監督の采配のいわば犠牲になって、ディ・マリアは試合ごとに異なるポジション、異なる役割を与えられているのだ。前線、トップ下、インサイドハーフ、ウイングに対応するのは、さすがに難しいだろう。
 
 昨年末に痛めた骨盤の怪我も影響しているだろう。骨盤は選手生命にも関わる大事な箇所だ。
 
 さらに本人も認めるように、イングランドのフットボールへの適応の問題がある。テンポが速く当たりも激しいプレミア特有のスタイルに、まだ完全には馴染めていないようだ。事実、相手に素早く寄せられると、簡単にボールを失ってしまうことがある。
 
 そして、例の強盗未遂事件の影響も看過できない。
 
 夫人と1歳の愛娘ミアちゃんの3人で暮らすマンチェスター郊外の豪邸が、3人組の強盗に狙われたのは1月31日のことだった。ディナーのテーブルを囲んでいたところに突然鳴り響いた警報……。強盗は未遂に終わり事なきを得たものの、まさかの事態に一家は心底震え上がったという。事件後、ディ・マリア一家はすぐにこの豪邸を出て、クラブOBのフィル・ネビルが所有する高層マンションに身を寄せている。
 
 この一件があってから、ディ・マリアのパフォーマンスはさらに低下した。無理もない。家族の身を案じながらではプレーに集中はできない。
 
 直近のFAカップ準々決勝・アーセナル戦(3月9日)では1アシストを記録したが、シミュレーションの判定に激昂して主審の背中を掴み、二枚目のイエローカードを受けて退場している(試合は1-2で敗戦)。このままでは、いよいよスタメン落ちも現実味を帯びてくる。
 
 しかし、ユナイテッドが目標とするトップ4入り(=チャンピオンズ・リーグの出場権獲得)を果たすには、ディ・マリアの力が必要だ。レアル・マドリーを昨シーズンのチャンピオンズ・リーグ優勝に導き、ブラジル・ワールドカップではアルゼンチンの準優勝に貢献したディ・マリアのその力がだ。
 
 不振を脱して、再び本領を発揮できるのか。ユナイテッドの命運はディ・マリア次第と言っても過言ではないだろう。
 
【記者】
Mark OGDEN|Daily Telegraph
マーク・オグデン/デイリー・テレグラフ
英高級紙で最大の発行部数を誇る『デイリー・テレグラフ』のユナイテッド番を務める花形で、アレックス・ファーガソン前監督の勇退をスクープした敏腕だ。他国のサッカー事情に通暁し、緻密かつ冷静な分析に基づいた記事で抜群の信頼を得ている。
【翻訳】
田嶋康輔

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ