【横浜FC】「試合を見られるのがすごい嫌でした」安永玲央が明かす“偉大な父”の存在。教えは「武器を磨け」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月18日

「うざいと思うこともありましたけど…」

安永が厳しく育てられたという父の存在について口を開いた。写真:滝川敏之

画像を見る

「試合を見られるのがすごい嫌でした」
 
 9月18日のオンライン取材で、横浜FCのMF安永玲央が父の存在について口を開いた。
 
 安永の父は、かつて横浜マリノス(横浜F・マリノス)や清水エスパルスでストライカーとして活躍し、現在はサッカー指導者・解説者を務める安永聡太郎氏。サッカーを小学校3年生から始めたきっかけも父の影響で、幼い頃は試合が終わるたびに何度も怒られ、鍛えられてきたという。
 
「言われて嫌だったことはありますよ。常にそれは。でも父の意見を聞くと、そうだなって納得しちゃう部分があるから、うざいと思うこともありましたけど、それでいろいろ助かった部分もあるのかなと思います」
 
 プロサッカー選手としての大先輩からの厳しい指導に、時には目を伏せてしまったことはあったが、今となってはその言葉一つひとつが自身の貴重な財産となっている。そのなかで最も記憶に残っている言葉は、「武器を磨け」だという。
 
「自分の武器を磨きなさいと言われていました。プロとして生きていくなかで、ユーティリティプレーヤーもすごいですが、やっぱり評価されるのは武器がある選手だと思う」
 
 安永は昨シーズン横浜FCのユースからトップチームに昇格し、夏からJ3カターレ富山にレンタル移籍。武者修行から帰ってきた今季は、シーズン序盤こそ出場機会に恵まれなかったが、15節・FC東京戦でJ1初先発を飾ると、16節・名古屋グランパス戦でもスタメンの座を勝ち取り、ここ2試合連続で先発出場を果たしている。
 
 下平隆宏監督も、「しっかりとハードワークして戦えるのが彼の特徴。守備でも相手とコンタクトすることを恐れず、ボランチでしっかりフィルターになり、パスの配給のところも成長してきている」と期待を込める。
 
 レギュラー奪取に向け、チャンスが巡ってきている今が正念場。安永は偉大な父の教えを胸に邁進していく。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
【安永聡太郎】もう“和製メッシ”の域を超えている。日本代表も「久保建英+10人」でチームを作るべき
【J1採点&寸評】横浜FC3-2名古屋|連敗脱出の千金弾を決めたストライカーがMOM!ゴラッソで先制の名古屋SBも高評価
【横浜FC】「今日のゴールはカズさんに感謝したい」名古屋戦で決勝弾!瀬沼優司が受けた三浦知良からの金言
J過密日程でU-19日本代表のレギュラー争いが激化!久保建英は招集せずも、前線はタレントが目白押し
ドイツとはまるで違う日本人選手の“スペイン挑戦”。「なぜ言葉がわからない人間にパスを出す必要がある」【小宮良之の日本サッカー兵法書】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ