見送り寸前でリバプール上層部を突き動かしたのは、クロップの熱き想い!? チアゴ獲得の舞台裏とは

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月18日

補強ポリシーに乗っ取ろうとしたリバプールに…

バイエルンで異彩を放ったチアゴ(右)の獲得を誰よりも熱望していたのは、クロップ監督(左)だった。 (C) Getty Images

画像を見る

 36年ぶりのプレミアリーグ連覇を目指す王者にとっては、心強い補強だろう。

 現地時間9月17日、英公共放送『BBC』をはじめとする英国メディアは、リバプールがバイエルン・ミュンヘンとスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラの完全移籍で合意に達したと一斉に報じた。

 現在29歳のチアゴは、契約満了まで残り1年となった今夏に、トップレベルのクラブでの新たな挑戦を熱望。とりわけリバプールとは相思相愛と伝えられてきた。

 ただ、3000万ポンド(約42億円)の支払いを要求するバイエルンとの交渉が難航。チアゴ本人の意向をくんだドイツ王者は、2700万ポンド(約37億8000万円)までディスカウントしたものの、リバプール側が支払いを渋り、話し合いは膠着状態に陥っていた。

 決裂寸前にまでいった交渉を一気に進展させたのは何だったのか。英紙『Mirror』は、他でもないリバプールの指揮官ユルゲン・クロップの“鶴の一声”だったと伝えている。
 

 同紙によれば、補強において「基本的に前途有望な若手しか獲らない」というポリシーを持っているリバプールの上層部は、5月下旬の段階で、チアゴ獲得を見送る方針でいたという。

 しかし、以前からスペイン代表MFとの共闘を望んでいたクロップが直談判。最終的にその想いに上層部が折れ、バイエルンとの交渉を急速に進んだのである。

 英衛星放送『Sky Sports』によれば、両クラブは2500万ポンド(約35億円)と最高600万ポンド(約8億4000万円)の出来高ボーナスを支給することで合意。本人とは4年契約と背番号「6」を与える契約を締結し、今週中にはメディカルチェックを終え、正式に発表の運びとなるようだ。

 元ブラジル代表MFマジーニョを父に持つサラブレットの多彩な技巧は、司令塔タイプのいないリバプールの中盤において違いを作り出す存在となるだろう。そんな天才MFをクロップがいかに起用するかに注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「メッシよりチアゴの方がいい補強」ルーニーの大胆発言が話題!「リバプールのタイトルは決まりだ」
「タキは“軽さ”がなくなった」南野拓実の“変貌”を英敏腕記者が評価!飛躍のカギとなるのは?【現地発】
クロップが見出した“最適解”で期待膨らむ! 南野拓実のリバプール2年目の「可能性」を最新序列から予想
「タケからボールを奪うのは難しい」“ライバル”久保建英をビジャレアルのエースが称賛!「クオリティーの高い選手だ」
久保建英、スタメン奪取への糸口は? 「空回りした」ラ・リーガ開幕戦を戦術的観点から振り返る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ