【J1】首位川崎が昨季王者に逆転勝ち!2位セレッソ、3位FC東京は完封勝利! 鹿島は名古屋を破り3連勝

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月05日

ルーキーの三笘が2ゴールの活躍

2得点を挙げ、勝利に貢献した川崎の三笘。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1リーグは9月5日、各地で14節の9試合を開催。首位の川崎フロンターレは横浜F・マリノスとの神奈川ダービーを制した。

 上位陣は安泰の日となった。首位の川崎は、横浜とのダービーを3-1で制した。開始2分にマルコス・ジュニオールに先制点を許したものの、33分にルーキー三笘薫のゴールで同点に追いつくと、後半に入り48分には家長昭博の得点で逆転。さらに2分後には再び三笘が追加点を挙げ、その後は横浜の反撃を断ち切って3-1と昨季王者から盤石の勝利を挙げた。川崎は勝点を38に伸ばしている。

 2位のセレッソ大阪は、ホームに浦和レッズを迎え撃った。雷雨のため30分遅れでキックオフされた試合は前半をスコアレスで折り返すと、48分に都倉賢の今季初ゴールでC大阪が先制。その後、浦和の反撃を凌ぐと、74分にオウンゴールで追加点、アディショナルタイムにも今季昇格したばかりのルーキー藤尾翔太が3点目を挙げ、3-0で浦和を下した。C大阪は勝点30としている。

 また3位のFC東京は、敵地で大分トリニータと対戦。29分にやはりルーキーの安部柊斗がミドルシュートを叩き込んで先制すると、その後は互いに好機を作り出すもののネットを揺らすことは出来ず、結局FC東京が1-0で勝利を収めた。FC東京は勝点を28に伸ばした。

 その他、4位の名古屋グランパスは、ホームに鹿島アントラーズを迎え撃ったが、1-3で敗戦。4試合ぶりの黒星となり、勝点24にとどまった。一方の鹿島は内田引退後、3連勝を飾っている。勝点21で9位となっている。

 9月5日に行なわれた14節の試合結果は以下の通り。


札幌0-2広島
横浜1-3川崎
清水1-2柏
名古屋1-3鹿島
仙台1-4G大阪
湘南1-1神戸
大分0-1FC東京
鳥栖3-0横浜FC
C大阪3-0浦和

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ