新戦力のJ・サントス、前田大然らが躍動。アウェーの横浜が4-3で清水を撃破

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2020年08月19日

攻撃的なチーム同士の戦いは点の取り合いに

J・サントスが2ゴールを奪取。今月11日に加入した新戦力が躍動した。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 8月19日にJ1リーグの第11節が各地で開催。IAI日本平スタジアムで行なわれた清水エスパルス対横浜F・マリノスの一戦は、アウェーの横浜が4-3で勝利した。

 試合は開始早々の2分に動く。横浜のジュニオール・サントスがハーフウェイライン付近からドリブルを始めると、ペナルティエリアに侵入して右足を振り抜く。これがゴール左隅に決まり、アウェーチームが先制した。

 対する清水もすぐさま反撃。ゴール左でパスを受けた西澤健太が相手を抜き切る前にシュートを放つ。ボールはGKのニアを通ってネットを揺らし、12分に清水が同点に追いついた。

 その後も攻撃的な戦いを標榜するチーム同士の戦いらしく、点の取り合いになる。19分に横浜が高野遼のクロスに合わせた前田大然のヘディング弾でリードを奪うと、44分に清水がオウンゴールで試合を振り出しに戻した。

 試合は2-2でハーフタイムに入る。
 
 後半も前半と同様にオープンな展開が続き、両チームは多くのチャンスを作り出していく。

 そして3点目を奪ったのはアウェーの横浜だった。84分、ゴール右でボールを受けたJ・サントスが振り向きざまに右足でシュート。DFに当たりながらもボールはゴールに吸い込まれた。さらに2分後の86分。高野のクロスに途中出場の渡辺皓太が頭で合わせ、横浜が4点目を奪った。

 横浜は後半アディショナルタイムに金井貢史に得点を許すも、逃げ切りに成功。8月に加入したばかりのJ・サントスや前田大然の得点などで、アウェーの横浜が4-3と打ち合いを制した。

構成●サッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
【清水】監督が標榜する新スタイルは浸透してきたのか――。五輪世代DF立田悠悟の見解は?「今後の課題は…」
「右下蹴るね?」「金子君が蹴るの?」清水MF金子翔太が明かすPKの舞台裏。札幌MFとの駆け引きの内容は…
タイの“メッシvs英雄“に生中継された母国からも声援!エスパルスが仕掛けたプロモーションとは?
【横浜】「J連覇とACL制覇にゴールで貢献したい!」新加入FW前田大然が語る海外で深めた自信とマリノスでの野心
【横浜】左ウイングか? それとも――スピードスター前田大然の起用法を探る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ