【町田】「人間性が素晴らしい」ポポヴィッチ監督も絶賛!J2初挑戦の新主将、水本裕貴に寄せられる絶大な信頼

カテゴリ:Jリーグ

郡司 聡

2020年08月12日

プロキャリアをスタートした千葉との09年以来の対戦

今季のリーグ戦全10試合で先発フル出場をしている水本。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J2・10節]町田0-2千葉/8月9日(日)/町田GIONスタジアム

 0−2での敗戦を告げるホイッスルがGスタに鳴り響くと、水本裕貴はユニフォームの裾をまくり上げて顔の汗を拭った。09年、京都在籍時代に対戦して以来となった、プロキャリアがスタートしたクラブ、ジェフ千葉との古巣戦。「勝ちたかったのが本音です」とチームメイトと共に最後まで勝利を目指して戦ったが、それは叶わなかった。

 広島でJ1連覇を経験し、元日本代表歴もあるCBの入団。クラブ史上トップクラスの実績を誇る選手が加入したことで、町田のトップリーグを目指す本気度が透けて見えた。

 通算7年という長期政権を築いた相馬直樹監督が昨季限りで退任し、今季新たに町田の指揮官に就任したランコ・ポポヴィッチは、新シーズンの新主将に躊躇なく水本裕貴を指名した。

 開幕節を消化してからコロナ禍の影響により、トレーニングもままならない日々は続いたが、再開したJ2も第10節を消化。4勝3分3敗の勝点13で13位に位置する町田で、トップクラスの経験値を有する水本が周囲にどんな波及効果を与えているのか。左SBのポジションでともに最終ラインを構成している奥山政幸はこう話す。
 
「オン・ザ・ピッチでのプレーの質はもちろんのこと、オフ・ザ・ピッチでも練習に誰よりも早く来て、やるべきことをしっかりとやって練習で100%の質を作っていることが、あれだけのキャリアを構築してきた要因なのかなと思います。ピッチでは具体的にどうしてほしいということを伝えてくれますし、自分の考えを伝えるとそれも尊重してくれます。センターバックとしては前に出て潰してほしい場面で潰してくれます。ビルドアップではどうボールを動かすか、僕がどのポジションを取ると相手が嫌がるか、そういう部分を細かく指示してくれるので、すごく勉強になっています」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ