「クボを選んだ」ビジャレアルがマドリー保有MFとの二者択一で久保建英を選択と報道!交渉が加速し今週中にも決定か

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月05日

現在か未来かを選択

ともにマドリーが保有するオスカル(左)と久保がビジャレアルのターゲットに。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間8月3日に、久保建英の新天地の最有力候補がビジャレアルだと報じたスペイン全国紙『AS』が、続報を伝えている。

 マジョルカでの1年ローンを終了し、保有元のレアル・マドリーへ戻るかたちとなっている久保は、再レンタルが濃厚。国内外の数多くのチームが獲得に乗り出すなか、ビジャレアルがポールポジションに立ち、今週にも移籍が決まるとも言われている。

 ただ、ビジャレアルは、同じくマドリーが保有する22歳のMFオスカル・ロドリゲス(2019-20シーズンはレガネスにレンタル)と久保のどちらを獲得するかで悩んでいたという。
 
 コストとしては、久保の場合はサラリーの負担とレンタル料(200万~300万ユーロ)を合わせて500万ユーロ(約6億2500万円)程度。一方のオスカルは、完全移籍(マドリーが所有権の一部を持つ)となる見込みで、負担は500万~600万ユーロ(約7億5000万円)とほぼ変わらない。

“現在”を優先して1年レンタルで久保を借り受けるか、長期的な未来を見据えてオスカルを獲得するか。二者択一で検討した結果、ビジャレアルは「クボを選んだ」という。

 これで大きく前進した“イエローサブマリン”へのレンタル移籍。今週中にも決まる可能性があるようだが、はたして――。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「驚くべき金額を準備」ドイツ王者バイエルンも久保建英の獲得に動く!「10日間に渡って勧誘」
香川真司所属のサラゴサに激震!今季19点のエースが昇格プレーオフを前に電撃退団「あってはならない」
【主な日本人欧州組のシーズン通信簿|FW編】スペインで二桁得点の岡崎ら3人を最高評価! 「天国と地獄」を味わったのは?
「マドリーのクボを見るのは苦痛」バルサ精通記者が久保建英の再獲得失敗に嘆き「手放したのは失望だ」
「イスコやハメスより上」元バルサDFにまた悪夢!久保建英の“圧巻ヒールパス”にファン衝撃「マドリーの未来は安心だ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ