「もはや計画に入っていない」不振に喘いだ武藤嘉紀は来季も構想外!? ニューカッスル地元紙が今夏の去就を予測

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月03日

大いに苦しんだ1年にシビアな評価

指揮官の構想から外れてチャンスを得られなかった武藤に地元紙は厳しい評価を下している。 (C) Getty Images

画像を見る

 苦しいシーズンを送ったサムライ戦士の動向が注目を集めている。ニューカッスル・ユナイテッドの武藤嘉紀だ。

 プレミア挑戦2年目の今シーズンは文字通りの苦境だった。前半戦で「チャンスが訪れるのを望むことのみ」とスティーブ・ブルース監督から三行半を突き付けられ、後半戦も全くと言って良いほどにチャンスを与えられず……。結局、8月に行なわれたリーグカップ(レスター戦)での1ゴールしか決められなかった。

 昨夏に攻撃陣のテコ入れを敢行したチーム事情はあったにせよ、大いに苦しんだ武藤には、地元メディアもシビアな評価を下している。現地時間8月2日に番記者によるシーズン総評を掲載した地元紙『Shields Gazette』は、28歳の日本代表を今夏の放出候補としてリストアップした。
 
 リアム・ケネディ記者は、同じく不振に喘いだクリスティアン・アツ、ディアンドレ・イェドリンらとともに武藤の名前を挙げ、「通常に比べて退団選手は少ないだろうが、彼らはみんな出ていくだろう」と明言。さらにジョーダン・クローニン記者は次のように語っている。

「おそらくローン契約のダニー・ローズとナビル・ベンタレブとは契約を更新する。だが、アツとムトウはもはやスティーブ・ブルース監督の来シーズン計画に入っていない」

 ニューカッスルとは2022年6月までの契約を締結している武藤だが、現状のままチームに留まるのは、何より本人にとって得策ではないだろう。それだけに今夏の移籍市場における動向には大いに注目したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ