ついに今季初勝利の清水、アカデミー出身MFが示した全4ゴール演出の「凄い武器」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月27日

「昨日の練習ですごく良いボールが蹴れていた」

清水を勝利に導く活躍を見せた西澤。3アシストをマークした。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ7節]清水4-2大分/7月26日(日)/アイスタ

 2年目のアカデミー出身アタッカーが全ゴールを演出する初勝利の立役者となった。

 ホームに大分トリニータを迎えた清水エスパルスは、前節まで未勝利、最下位に甘んじていた。なんとしてでも勝利が欲しい一戦で、セットプレーが火を噴いた。

 41分、CKからファン・ソッコがヘディングシュートを決めると、57分にもCKからヘナト・アウグストが競り勝ち、最後はカルリーニョス・ジュニオがボレーを叩き込む。雷雨による中断を経て70分には三たびCKから立田悠悟がヘディングをねじ込み、さらに84分にも敵陣左サイドのFKからヴァウドが頭で叩き込み4ゴールを奪取。大分の反撃を2点で食い止め、ついに今季のリーグ初白星を掴んだ。

 4つの得点全てをセットプレーでもぎ取った清水だが、そのすべてのプレースキックを務めたのが大卒2年目の西澤健太だ。下部組織で6年間を過ごし、そのままトップ昇格とはならなかったものの、筑波大でインカレ優勝などの結果を残し、クラブで初めて大学経由でトップチームに“復帰”したアカデミー出身者である。

 高精度のキックで、3アシストを含む全得点に絡んだ西澤は、「昨日の練習ですごく良いボールが蹴れていたので、今日はセットプレーで点を取りたかった。みんなが気持ちを入れてプレーして、結果につながって良かった。セットプレーで4点獲れるのは、凄い武器になると思う」と練習の成果が大量点につながったことを興奮気味に話した。

 一方でチームは今季、ピーター・クラモフスキー監督の下で、ハイラインと後方からのビルドアップをベースとした攻撃的スタイルにチャンレンジ。それだけに、「流れの中で取れなかったのはまだまだ課題」と反省の弁も。さらに、4点を奪った後の2失点にも「もう一度検証しなければいけない。これで満足することなく向かっていきたい」と向上心を見せる。

 昨季はチーム2位の7得点を奪った。もちろん、自らのゴールに無関心なはずはないだろう。23歳の俊英は「シュートを練習します。次はまた必ず決めるのでよろしくお願いします」とサポーターにアピールした。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ