清水が大分を破り今季初白星! 後半雷雨中断もセットプレーからの4発で勝ち切り鹿島と並ぶ17位タイ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月26日

CKからのハイボールを活かした清水が3得点

41分に清水はファン・ソッコが先制点。チームメイトが祝福する。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 J1リーグは7月26日、各地で7節の9試合を開催。IAIスタジアム日本平では、清水エスパルス対大分トリニータの一戦が行なわれ、清水が4-2で勝利を収め、今季初勝利を飾った。

 ともに後方からのビルドアップを持ち味とする両チームの激突は、最下位の清水が前半からペースを掴む。41分には、CKからファン・ソッコがヘディングでねじ込み、清水が先制。さらに後半に入り、57分には再びCKから今季新加入のカルリーニョス・ジュニオが左足ボレーを叩き込みネットを揺らす。清水が2点を先行する。

 この後、天候が崩れ降雨とともに雷が発生。66分、試合が中断され、両チームの選手たちは一時ピッチの外へ引き上げることとなった。

 約1時間後の中断の後に再開された試合は、大分の片野坂監督が4枚替えの荒療治で勝負に出る。しかし、スコアを動かしたのはまたしても清水。70分に三たびCKから立田悠悟が頭でねじ込み3点目。さらには84分、セットプレーからヴァウドが頭で決め4-0とする。

 このままでは終われない大分も87分に知念慶、88分に高澤優也が決めて2点差まで追いすがるが、反撃もここまで。清水が4-2で勝ち切り、今季初白星を挙げた。清水は勝点を4とし、得失点差で鹿島アントラーズと並び、依然最下位には変わらないものの17位タイとなった。

 次節は8月1日、清水が敵地で浦和レッズ戦、大分がホームで鹿島戦を迎える。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ