【東京V】「潮音が決めていれば終わっていた」。佐藤優平が明かした山形戦の分岐点

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2020年07月25日

あそこで先制していれば…

ボールに絡みながらも無得点に終わった佐藤。果敢に攻めたが……。写真:滝川敏之

画像を見る

[J2リーグ7節] 東京V0-0山形/7月25日/味の素スタジアム

 「(井上)潮音が決めていれば(試合は)終わっていた」

 試合後のオンライン取材で、東京Vの佐藤優平はそう言った。確かに、頷ける部分はある。山形をホームに迎えた一戦、東京Vが最初に掴んだ決定機(13分)をモノにしていれば、相手に大きなダメージを与えていたはずだからだ。

 しかし、藤本のスルーパスからドリブルで持ち込み、GKと1対1になった井上のシュートはポストを叩いてしまう。そのこぼれ球に反応した端戸のシュートも防いだ山形に最後まで守り切られてしまった東京Vにとって、この13分の決定機逸は結果的に大きなターニングポイントなった。

 あそこで先制していれば、山形もゴールを奪おうと前に出てくる可能性が高く、その結果、ボールポゼッションで上回っていた東京Vが逆にギャップを突いて追加点を決めるという展開になっても不思議はなかった。だからこそ、佐藤はこう言ったのだろう。

「あれ(13分の決定機)を決めていれば、相手は一生(ボールを)回されて終わっていたと思います」
 
 いくつかピンチもあった東京Vだが、ボールを握る時間帯が多かった試合展開を考えれば、この山形戦は勝ちたかった。永井秀樹監督が「正直、悔しい」とコメントしたように、今回のスコアレスドローは素直に喜べない結果だった。

 ただ、13分の決定機以外、山形に冷や汗をかかせた場面はあったか。いずれにしても、東京Vの攻撃に工夫が足りなかったのも事実だろう。永井監督は言う。

「相手が守備を固めるならどこを引き出して、進入して仕留めるか。頭のチップを変えていく必要があった」

 山形の守備網にハマる前にゴールを奪っていれば……。その意味ではやはり、佐藤が主張するとおり、13分の決定機逸がすべてだったのかもしれない。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ