「我々は考え方を変えた」イブラ諦め、カバーニ獲り!? プレミア昇格リーズの大胆な補強動向に注目だ

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月23日

「(イブラヒモビッチは)遅すぎる」

リーズはイブラヒモビッチ(左)を諦め、カバーニ(右)の獲得を模索しているようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 今シーズンに16年ぶりのプレミアリーグ昇格を決めたリーズ・ユナイテッドは、古豪復活に向けて、大胆な策に打って出ようとしている。

 アルゼンチン人の“奇才”マルセロ・ビエルサの指揮の下、魅力的かつアグレッシブなサッカーを展開したリーズは、開幕から怒涛の快進撃を見せて、見事なプレミア昇格を果たした。

 一時は深刻な経営難に悩まされ、2007年には3部にまで落ち込んだリーズ。それだけに久々の檜舞台で彼らがどれだけ戦えるのかが注目されている。

 リーズも来る新シーズンに向けて、ただ待っているだけではないようだ。英紙『The Sun』は大物スターの獲得を狙っているとすっぱ抜いている。ターゲットとなっているのは、ズラタン・イブラヒモビッチとエディンソン・カバーニだ。

 経験豊富かつ世界的な知名度もある大型ストライカーたちである。同紙によれば、同時に獲得できれば、戦力の拡充はおろかビジネス面でも小さくない影響をもたらすだろうと、リーズは見込んでいるという。

 しかし、2017年からリーズを買収して以来、クラブ再建に尽力してきたイタリア人オーナーのアンドレア・ラドリッツァーニ氏は、母国メディア『Sky Sport』で、次のようにコメントしている。

「正直言って、イブラヒモビッチは難しいと思う。実は我々は今年の1月に彼と契約しようとしていた。だけど、彼はミランに行くことを選んで、交渉は決裂してしまったんだ。それに今の彼では(スピードが)遅すぎる。イングランド・サッカーのインテンシティーは全く別物だ。我々は考えを変えたんだ」

 イブラヒモビッチ獲得を真っ向から否定したラドリッツァーニ氏。一方でカバーニについては、「彼について考えたのは事実だ」と回答に含みを持たせた。

「カバーニのクオリティーと身体的強さを考えれば、イングランド・サッカーに適応できると思う。私はビエルサとはこの件について話してはいないよ。とはいっても、彼のことを頭に入れているのは確かだ。フリーで獲得できるからね。まぁ、じきに分かるさ」

 今年6月30日をもって約7年も在籍したパリ・サンジェルマンとの契約が満了となったカバーニは移籍金なしで獲得ができる。そのため、アトレティコ・マドリーやチェルシーなど様々な競争相手が噂されているが、リーズはどう動くだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ