「素直に嬉しいです」名古屋DF吉田豊が今季初ゴール!大分に3-0快勝で開幕6戦無敗をキープ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月22日

阿部浩之、米本拓司が負傷交代に

金崎との連係から今季初ゴールを決めた吉田。写真:徳原隆元

画像を見る

 J1リーグは7月22日、第6節の全9試合を各地で開催した。昭和電工ドーム大分で行なわれた大分トリニータ対名古屋グランパスの一戦は、3-0でアウェーの名古屋が勝利を収めた。

 大分は前節のスタメンからは4選手が変更。DF小出悠太、香川勇気、MF前田凌佑、小塚和季が先発した。一方の名古屋は、相馬勇紀、山崎凌吾が外れ、前田直輝、金崎夢生が先発入り。

 試合は、5戦無敗の好調そのままに名古屋ペースで進んで行く。31分には、吉田豊が、48分には丸山祐市、73分に米本拓司がゴールを決め磐石の試合運びとなった。この勝利で開幕からの無敗記録を6に伸ばした名古屋だったが、不安要素もある。

 16分に阿部浩之が負傷。大事を取って交代すると、3点目を決めた米本も相手との接触で負傷交代となってしまうなど、トラブルにも見舞われている。

 またディフェンスラインはリーグ再開後、不動となっている点も今後の過密日程を考慮すれば、一抹の不安を覚えるところだ。
 
 しかし、この日の先制点を決めた不動の左サイドバック吉田は試合後、そうした不安を吹き飛ばすかのようなポジティブなコメントを残している。フラッシュインタビューに応えた吉田はまず、今季自身の初ゴールに、「素直に嬉しいです。大分が引いてゴールを奪うのが難しかったので、少し変化させて中で一発を狙って切り込んでいったら、ちょうど中で(金崎)夢生くんが良い落としをしてくれたので、思いっきりシュートを打ちました」と笑顔で振り返る。

 さらに名古屋は3試合連続での完封勝利。「今日の試合もそうですけど、ディフェンスライン、中盤の選手と本当にゼロで抑えようと掛け声をかけながらやっていました。今日も暑かったですけど、ハードワークを続けて頑張っていきたい」と、更なる躍進を誓った。

 次節、7月26日に名古屋はサンフレッチェ広島と敵地で対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ