「ロナウジーニョの獲得に失敗した我々は…」マンUのC・ロナウド誕生の舞台裏を元敏腕CEOが告白!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月20日

「ロナウジーニョと合意寸前だった」

当時のユナイテッドで選手獲得交渉に携わっていたというケニオン氏(左)は、C・ロナウド(右)を引き抜いた時の思い出を振り返った。 (C) Getty Images

画像を見る

 今や世界的スーパースターとなったクリスチアーノ・ロナウド。サッカー史上最高とも言われるクラッキのキャリアを語るうえで欠かせないのが、2003年夏にスポルティング・リスボンからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したことだろう。

 当時、“レッドデビルズ”を率いていた指揮官アレックス・ファーガソンがスポルティングとのプレシーズンマッチで18歳のC・ロナウドにほれ込み、直接引き抜き交渉にあたったという話は、伝説的なエピソードとして記憶されている。

 このポルトガル代表FW獲得の舞台裏を知る関係者は、それがロナウジーニョになっていたかもしれないと告白している。

 英紙『Telegraph』のインタビューに応じた元ユナイテッドのCEOであるピーター・ケニオン氏は、「2003年の夏に我々が獲得しようとしていたのはロナウジーニョだった」と、当時、パリ・サンジェルマンからのステップアップを画策していたセレソンのナンバー10獲得に迫っていたことを明かした。

「あの時の我々はロナウジーニョの獲得のために一生懸命に努力した。ただ、やみくもに金を払うだけで選手を獲得することは、当時のユナイテッドでは、ご法度だった。それで合意には至らなかった。だけど、我々は彼らが望んだ額を支払えるだけの力はあったし、合意寸前だったことは確かだ」
 
 その後、バルセロナにロナウジーニョを引き抜かれてしまったユナイテッドは、C・ロナウドに白羽の矢を立てたという。スポーツメーカーのUmbro社やチェルシーでも重役を務めた敏腕ビジネスマンでもあるケニオン氏は、当時をこう振り返っている。

「ロナウジーニョ獲得が上手くいかずいたところで、新たに獲得を決めたのが、ロナウドだった。当初の計画では彼は獲得してすぐにローンで放出するつもりだった。そしたらスポルティングとのプレシーズンマッチのハーフタイムにアレックスから電話があって、『彼をここに残していくのではなく、家(ユナイテッド)に連れて帰ることはできないか?』と言われたよ。これがアレックスの本当に凄いところだ。彼は誰よりもうまくマンチェスター・ユナイテッドの地位を世に売った」

 もしも、ユナイテッドとロナウジーニョとの交渉が成功していた場合、C・ロナウドは一体どのようなキャリアを歩んでいたのだろうか――。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「人間業じゃない!」「ロナウジーニョを思い出す」久保建英のノールック&背面トラップにファン衝撃!
「クボが本当に好きだ」C・ロナウドと懇意の名物ジャーナリストが久保建英をベタ褒め!
「トップクラブが興味」久保建英の新天地候補にマンCが浮上!“後輩”の獲得をペップが希望か
「日本人はとても冷たく、閉鎖的だった」元J戦士ジョーが名古屋時代の苦悩を母国メディアに激白!
「悪夢続く」「守護神交代の時」失態続きのデ・ヘアに非難殺到! 指揮官スールシャールの考えは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月4日発売
    ハーランド世代!!
    躍動する「2000年代生まれ」の
    若手逸材を完全網羅した
    「ヤングタレント大百科」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ