「本人は移籍を希望」“魔術師”チアゴ、リバプールへの電撃加入が再燃! 移籍専門記者が交渉の鍵を説く

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月20日

両者の間には開きがあるものの…

バイエルンで絶対的な地位を築いているチアゴはリバプールに加わるのだろうか。 (C) Getty Images

画像を見る

 バイエルン・ミュンヘンに所属するスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラの去就が注目を集めている。

 現地時間7月17日、英紙『Liverpool Echo』は、今シーズンにプレミアリーグを史上最速で制したリバプールが獲得に乗り出したと報じた。

 これまでリバプールが、このスペイン代表MFを獲得する可能性は低いと見られていた。というのも、移籍金3000万ポンド(約42億円)と週給20万ポンド(約2800万円)の支払いを、ティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ→チェルシー)の獲得を金銭的理由で断念したクラブが払うとは考えにくいというのが理由だ。

 しかし、ここにきてチアゴのレッズ入りが再燃しているのだ。
 
 地元の有力紙『Liverpool Echo』は、「3600万ポンド(約48億円)の移籍金を要求しているバイエルンと、2300万ポンド(約31億円)までしか支払う意思のないリバプールの間には開きがある」としながらも、29歳を迎え、今がトップクラブで新たな挑戦をするラストチャンスと考えているチアゴ本人の想いからバイエルンが折れ、交渉に進展が見られるかもしれないという。

 さらにイタリア衛星放送『Sky Italia』の移籍専門記者で、数々のエポックメーキングな移籍を的中させてきたファブリツィオ・ロマーノ氏も、自身のツイッターで、次のようにつぶやいている。

「チアゴ自身はリバプールへの移籍を望んでいる。だが、それはバイエルン次第であり、交渉はまだ進んでいない」

 以前からユルゲン・クロップ監督がラブコールを送っているという“魔術師”は、アンフィールドへと活躍の場を移すのか。その動向は、ドイツの絶対王者の決断にかかっていると言えそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月11日号
    1月28日発売
    2021年度版
    J1&J2全42クラブ
    戦力充実度
    ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ