【浦和】青森山田高の“超逸材CB” 藤原優大の加入が内定! 先輩とプロの舞台で再会へ「もう一度仲間として…」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月16日

「世界で戦えるチームにしていきたい」

青森山田高・藤原の浦和加入が内定した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 浦和レッズは7月16日、青森山田高のDF藤原優大(3年)の2021年シーズン加入内定をクラブ公式サイトで報告。併せて本人のコメントも掲載した。

 藤原は182センチ・70キロのCB。青森の強豪校・青森山田で1年時から名門の最終ラインで出場し、同年の冬の選手権でも途中出場ながら全5試合のピッチに立ち、全国制覇に大きく貢献した。

 昨年の静岡学園高との選手権決勝でも、ヘディングで貴重な先制点を奪うなど、試合には敗れたものの攻守で存在感を発揮。広範囲にわたる素早いカバーリングと、競り合いの強さはいずれも世代屈指の域だ。U-17・U-18日本代表として海外遠征へもコンスタントに招集されている“超逸材”が、ついに浦和でプロへの扉を叩くこととなった。

 藤原はクラブ公式サイトにて、人生の大きなステップアップに向け、喜びと強い覚悟を語っている。
 
「来シーズンから加入することになりました、藤原優大です。小学校からサッカーをはじめましたが、今、その夢が叶い、とてもうれしい気持ちです。多くの仲間、指導者の方々、そして両親に支えられてここまで来ることができました。その感謝の気持ちを忘れてはいけないと思いますし、自分が恩を受けた方々に対して、結果でお返しをしたいと思っています。

 浦和レッズは、熱いファン・サポーターを含めて、浦和という街が一体となって戦っているという印象があります。そのクラブに自分も加わり、世界で戦えるチームにしていきたいと思っています。覚悟を持ち、埼玉スタジアムでの活躍を目標にがんばります。よろしくお願いいたします」

 浦和では青森山田で1学年上の先輩にあたる武田英寿が今季からプレーをしている。昨年の選手権決勝後には一足先にJリーガーとなる武田について、「もし自分がプロになったとき、もし自分が(浦和)レッズに行くってなったとき、やっぱり同じピッチでもう一度仲間として、もちろん敵としてでもいいし、また同じピッチでプレーしたい」と語っていた。その思いがしっかりと現実のものとなった。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【J1ベストイレブン】MVPは最高評価『7.5』の日本代表戦士! 家長&古橋が早くも2度目の選出|4節
【浦和レッズの最新序列】槙野がキャリアにおける正念場か。前線は興梠&レオナルドを最優先に構成
【浦和】柏木、青木、柴戸、エヴェルトン…群雄割拠のボランチ陣を大槻監督はどう活かす?
遠藤保仁にずばり訊いてみた。「あなたの日本代表最多152キャップを抜けそうなのは誰?」
「衰えは隠せない」「日本へ行けば?」退団発言のフッキに中国のファンから非難殺到!「チームを壊そうと…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト 最終登録メンバーを網羅!
    11月18日発売
    最終確定版!!
    カタール・ワールドカップ
    出場32か国
    選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 3年ぶりのJ1制覇!!
    11月10日発売
    J1優勝特集
    横浜F・マリノス
    喜田&水沼対談に
    J1 BEST PLAYERSも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ