【清水秀彦のJ1順位予想/更新版】ACL参加組の横浜、神戸、FC東京は厳しそう。有利なのは選手層の厚さで…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月16日

選手としては宇佐美、柿谷、大島に注目

清水氏も注目のG大阪の宇佐美(左)、C大阪の柿谷(中)、川崎の大島(右)。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 2020シーズンのJ1リーグがついに再開を迎え、最大5000人の観客を入れて開催されるなど、徐々にJリーグが本来の姿を取り戻しつつある。現時点ですでに4試合が消化されているが、約4か月という長い中断期間を経て勢力図は変わるのだろうか。

 ここでは、今季開幕前に『サッカーダイジェスト』誌で順位予想をしていただいた解説陣に、「降格なし」「交代枠5人」「過密日程」といった注目ポイントも踏まえ、改めて今季の順位を占ってもらった。

●清水秀彦(元横浜マリノス監督ほか)
 中断期間の情報は少なく、このタイミングでの予想は非常に難しい。ただ過密日程を戦ううえでは豊富な選手層を誇る川崎が有利か。横浜、FC東京、神戸はACLが再開すると厳しそう。柏はネルシーニョ監督の存在が大きい。選手としては宇佐美、柿谷、大島に注目。
 
●順位予想
1位:川崎
2位:柏
3位:G大阪
―▲ACL出場圏▲ー
4位:FC東京
5位:C大阪
6位:広島
7位:横浜
8位:鹿島
9位:浦和
10位:神戸
11位:札幌
12位:大分
13位:仙台
14位:名古屋
15位:清水
16位:鳥栖
17位:湘南
18位:横浜FC

※『サッカーダイジェスト』7月23日号(7月9日発売号)より抜粋して転載

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月11日発売
    WSD責任編集
    永久保存版
    ディエゴ・マラドーナ
    追悼号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月3日発売
    移籍専門記者が解説
    超ビッグネームの
    去就予測2021
    特製壁掛けカランダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ